1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年8月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年8月アーカイブ


kiramekitop.jpg京都における文化や芸術への想いを、「感想文」ならぬ「感想作品」を作ることでお伝えします。


学生アーティスト・Chisa Shoji さんによる新コーナーが登場!

ビーズで「感想」を作ります。

ボランティアライターとしてご協力頂いている学生アーティスト Chisa Shoji さん。
この度Chisa Shojiさんが、京都の文化・芸術から得た感動を「感想文」ならぬ「感想作品」の制作を通じてお伝えする新企画「キラキラ☆ヒラメキ計画」がスタートします。
作品制作には、京都ならではの素材やビーズも使用。通常のレポートとは一味違った、とてもユニークな内容となっています。

京都の手芸雑貨店の紹介やエピソードなども登場しますよ。ぜひご覧ください!


今回は、「フェルメールからのラブレター展」から、感想作品として「羽ペン」を制作。
どのような作品になっているかは、ご覧になってからのお楽しみです。

Chisa Shoji コメント

なお、今回は初回ということで、ご本人からメッセージをいただいております。

京都には、文化や芸術はもちろん、地域全体に多くの「キラキラ」と輝く魅力が溢れていると思います。
京都で素敵だと感じたことを作る行為として、感想作品を制作します。この感想作品を通じて、多くの方により直感的に京都を感じたり想ったりしていただくことで、自身の感じた京都の「キラキラ」を共有していただきたいです。よろしくお願いします。
(Chisa Shoji)


susan-01.jpg京都を代表する伝統産業・西陣織と、アメリカ・ニューヨークで活躍するデザイナーによるコラボ展が開催されます!

ニューヨーク在住のデザイナー・アーティストであるスーザン・チャンチオロさんは、2002年から海外のアーティストやメゾンにも生地提供を行っている西陣織の帯地メーカー・株式会社ひなやの生地を取り入れた作品を制作してきました。
京都生まれの生地を使うスーザンさんは、
「KYOTO という街は、これまで訪れたどんな都市よりも穏やかで、美しい街だと思う」
と、京都は第二の故郷と慕い、昨年11月には京都のひなや本社にて2011-12年のニューヨーク秋冬コレクションの創作活動を行うなどの親交を深めてきました。

今回は、昨年の来日時に開催された初個展「my visit to kyoto」に続く第二弾。
スーザンさんが京都の建物と空にインスパイアされ、ひなやの生地で製作したコレクション作品に加え、今回の展覧会のために制作された一点もののTシャツ・トートバッグなどの展示・販売も行われます。

京都の伝統と海外のファッション最先端をいくクリエイターとの共同作品。
京都から生まれたアートの未来系を、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

スーザン・チャンチオロ展

日時:2011年9月1日(木)~9月30日(金) 10:00~19:00

会場:HINAYA KYOTO 清水五条坂店 
(京都市東山区五条橋東4丁目452 ラティエール五条坂1・2階)
【TEL】075-551-3558
【アクセス】京阪「清水五条」駅下車、徒歩約7分
※入場無料

【関連イベント】トークショー

「拡張するファッション」の著者として知られ、スーザン・チャンチオロさんとも親交の深いファッションライターの林央子(はやし・なかこ)さんによるトークショーも開催されます。
※先着順の受付です → 応募は定員に達したため締切されました
※当日にはUSTREAMでもトークショーの模様が生中継されます!
 → http://www.ustream.tv/channel/susan-2011

日時:2011年9月4日(日)14:00~(開場:13:30)
会場:HINAYA KYOTO 清水五条坂店
※定員30名
※入場無料

詳細・お問い合わせ

株式会社ひなや
京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町418-1
TEL:075-441-0254 / FAX:075-441-1920
URL:http://www.hinaya-kyoto.co.jp/

プロフィール


SUSAN CIANCIOLO(スーザン・チャンチオロ)
デザイナー/アーティスト。
実用的なデザインの服が多いニューヨークにあり、 パッチワーク、刺繍などのハンドワークを多用したポエティックかつ前衛的な作風で知られる。ファッション分野にとどまらず、様々なアーティストやミュー ジシャン とのコラボレーションを行うなどの斬新なアイデアを打ち出す一方、世界に先駆けて エコロジカル、エシカル&スピリチャルな思いをファッションに取り入れてきた ことでも 再注目を浴びている。ひなやとのコラボレーションは2002年から開始。 http://www.susancianciolo.com/

林央子(はやし・なかこ)
1988 年、ICU 卒業後資生堂に入社。
宣伝部 花椿編集室(後に企業文化部)に所属し、 『花椿』誌の編集に13 年間携わる。
2001 年よりフリーランスとして国内外の雑 誌に寄稿、 2002 年にインディペンデント出版のプロジェクト『here and there』(AD・服 部一成)を立ち 上げ、2010 年までに10 冊を刊行。著書に『パリ・コレクション・インディヴィ ジュアルズ』 『同2』、編集に『ベイビー・ジェネレーション』(すべてリトルモア)。 2011 年『拡張するファッション』(ブルース・インターアクションズ) を刊行。
http://nakakobooks.seesaa.net

guidetop-thumb-640x905-568.gif10月29日(土)からいよいよ開始する、日本の文化祭=「国民文化祭・京都2011」。
現在京都のあちこちにマスコットのまゆまろの姿やPRポスターも貼られ、ムードが高まっています!

「国民文化祭2011」公式ガイドブック発行!

秋の京都で、アートはもちろん、音楽や舞台など様々な文化イベントが開催される国民文化祭。
これを前に、その内容がまとめて分かるガイドブックが発行されました!
9月~11月を中心とした関連文化イベント情報のほか、期間中に京都のあちこちの施設で受けられる特典情報なども満載。イベントカレンダーや交通情報・会場マップも備えています。
秋の京都を楽しむには必携の一冊です!

国民文化祭関連、府・市主催から市民による応援イベントまで。
秋の京都のイベント情報満載!

京都市内で開催される国民文化祭の関連イベント全てを紹介。
また、市主催の文化イベントをはじめ、広く市民等から募集した協賛事業「応援イベント」など、9月~11月に京都市で開催予定のイベント情報を網羅しています。秋の京都で何をしよう?という方にはまず必携!

お得に秋の京都を楽しもう!
ガイドブック持参で受けられる「京のおもてなし」

期間中にこのガイドブックを市内の主な文化施設(68箇所)に持っていくと、入場料の割引や特別プレゼントなど、スペシャルな「京のおもてなし」を受けることができます!
参加施設の詳細はガイドブックに掲載されています。お得に秋の京都を楽しみましょう!
「京都で遊ぼうART」に掲載されているミュージアム施設も多数参加していますよ!

限定プレゼントをゲット!スタンプラリー

11月5日(土)・6日(日)には京都市内の国民文化祭会場でスタンプラリーを実施!
対象の会場のうち3箇所でガイドブックにスタンプを集めると、限定デザインのトラフィカ京カード(地下鉄・バス共通カード)をもらえちゃいます。
(※景品の受け渡し場所は西陣織会館5階です。各日先着200名限定です)

ガイドブックは主に
市役所・区役所、市営地下鉄の駅、京都総合観光案内所「京なび」(京都駅2階)、東京の京都館(東京)、その他京都市の施設や冊子に掲載されている京都市内の主な文化施設、市内旅館・ホテル、大学、書店、銀行などで配布されます。
また、インターネットからもダウンロードできますよ!
秋の京都に行く前に、ぜひ、ゲットしておいてください!

 

秋の京都はきもので行こう!無料乗車&特典あり!


きもの姿でバスや地下鉄がタダに!?「きもの無料乗車券」

10月29日(土)には、きもの姿の人限定の無料乗車キャンペーンが開催!
「きもの無料乗車券」を持参のきもの姿の方限定で、京都市バス・市営地下鉄が無料で利用できます!
「無料乗車券」は「国民文化祭ガイドブック」にもついているほか、バス内や地下鉄の駅などでも配布されていることがあります。
お得なチャンスをお見逃しなく!

きもので京都をお得に歩く。「京都きものパスポート」

秋の京都は着物ででかけるのがお得!毎年発行されている「京都きものパスポート」の最新版が今回も配布されます。
有効期限は10月1日から、来年の9月30日まで。
期間中にきものを着てこのパスポートを所定の施設・お店で見せると、割引やプレゼント、メニューサービスなどを受けることができます。
冊子は主に京都駅ビル2階の「京なび(観光案内所)」などで配布されますが、ホームページを印刷して魅せても、携帯サイトの画面を見せるだけでもOKです。
普段なかなか着物をきる機会がない、という方も、この機会に京都で挑戦してみては?

京都きものパスポートのホームページはこちら!


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗