1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【祇園祭レポート】粽(ちまき)作りの様子を覗いてきました!(八幡山)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【祇園祭レポート】粽(ちまき)作りの様子を覗いてきました!(八幡山)

| トラックバック(0)
宵山期間中、各山鉾町や八坂神社で販売される、「厄除け粽(ちまき)」。
祇園祭を代表する名物ともいえるこのお守りですが、実際にはどんな風に準備が行われているか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回、特別に7月11日に行われた八幡山さんの粽作りの様子を覗かせていただきましたので、その様子をご紹介します!

粽(ちまき)についてはこちらから!


hachiman6.jpg
会場はいくつかあり、こちらは八幡山のお会所向かいにある紫織庵さん。
こちらでは、課外授業の一環として近隣の小学生の子供たちに粽作りの体験を行っています(地域の伝統文化に触れる機会を、ということで5,6年前から行われているそうです)。
まずその前に、子供たちへのレクチャー役にもなる学生さんやボランティアへのレクチャーが行われていました。

hachiman7.jpg粽(ちまき)本体は予め農家の方にお願いして、いくつかの山鉾町の分をまとめて作っておいてもらうのだそう。(その作業は大体6月半ば頃とのこと。主に北区上賀茂周辺の方)もちろん、これは笹の葉をひとつひとつ手で巻いて作った手作りです。

hachiman8.jpg hachiman9.jpg
納入された粽は、今度は各町内で独自の熨斗紙(のし)や護符、飾りなどを手作業で取り付けられます。とにかく数が膨大なためほぼ町内総出の作業になるそうです。八幡山さんの場合は熨斗と「蘇民将来子孫也」「福寿海無量」と書かれた二色の護符をとりつけていきます。
(この時の様子は後日動画コンテンツでもご紹介予定です)

hachiman10.jpg子供たちがやってきました。上手にできるかな?

hachiman11.jpg
その後別の作業場所へ移動。こちらは町内にある呉服店のビル内でした。
まさに町内総出!沢山の方が仕事などの合間を縫って訪れ、作業をされていました。
粽は1200本以上(!)もあるため、役割を分担して作業を進めていきます。
中には今は町内に住んでいないけれど、生まれはこちらなので、ということで参加されていた方もいらっしゃいました。生まれた場所を離れても、このときになるとお手伝いに戻ってくる方も結構いるのだとか。地域のつながりを強く感じました。

hachiman12.jpg 納入されたままの粽。このくらいの大きな束になっていて、わら縄でくくられています。
笹の葉のよい香りがしました。

hachiman13.jpg できあがった粽!
このあと、八坂神社の神主さんが町内を訪れて、お祓いをしてもらうと、厄除け粽として完成します。

実際にここでスタッフも粽作りを体験させていただきました。
とても地道な作業ですが、神様にささげるものなので、ひとつひとつ心を込めて丁寧にすることが大事であり、神様に奉仕することになるので後々よいことがある、といわれているのだそう。
手作りなので多少のゆがみは出ますが、それもまた味わいです。

粽の販売は、早いところだと13日の午後から、他は14日の宵々々山(大体お昼過~夕方)から行われます。ちなみに八幡山さんは14日の16時頃だそうです。

粽をお買い求めの際は、作ってくださった方にも感謝しつつ、持ち帰りたいものですね。

【祇園祭特集!】
「京都で遊ぼうART」では、昨年に引き続き、今年も祇園祭特集記事を掲載いたします。
京都の会社だからこその、より詳しい祇園祭の情報をお届けしていきますよ!
お祭りの日程や各山鉾の所在地、屏風祭の開催予定地などはもちろん、
今年はAndoroid・iPhone・iPodTouchで使える祇園祭ナビのアプリも無料配信!
他にも動画コンテンツやUSTREAMの生中継なども予定しています。
どうぞご期待ください!
祇園祭特集のページはこちら!

【祇園祭をツイッターでも盛り上げよう!】
「京都で遊ぼうART」では2011年の祇園祭に関する話題を募集しております!
ツイッターをお持ちの方はぜひ、ハッシュタグ「#gion2011」をつけてつぶやいてください!
行く!宣言はもちろん、関連イベントやお店情報、昔の思い出エピソードなども歓迎です!

関連リンク

(財)八幡山保存会

祇園祭~京都の街中がミュージアムに!~

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗