1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年7月アーカイブ

一月にわたり続いた祇園祭も、7月31日の「夏越祓(なつごえのはらえ)」でいよいよ終了。
長かったような、でもあっという間だったような、不思議な感じがします。
京都の人のなかには、「祇園祭が過ぎたらもう秋の気がする」なんて言っている人もいたりします(笑)
それだけ、祇園祭=夏として認識している人が多いんですね。

さて、祇園祭のハイライトといえば「山鉾巡行」ですが、これと同じ日に、もうひとつ祇園祭のメインイベントが行われます。
それは「神幸祭」。山鉾巡行の方が派手なのでちょっと影に隠れがちですが、本来は祇園祭においては山鉾巡行よりも重要な行事といえます。
これの様子を17日に見てきましたので、写真を交えてご紹介レポートをしたいと思います。

神幸祭・還幸祭って?

祇園祭=山鉾巡行が本番!と思われがちですが、山鉾巡行は実は本来は前座の行事にあたります。
本来は、八坂神社から御神輿で神様を街にお迎えする「神幸祭」、そして神様を八坂神社へお送りする「還幸祭」が祇園祭のメインイベントなんです。
八坂神社から神様を神輿に乗せ、四条御旅所(新京極・寺町商店街の四条側入口の向かいにあります。普段は「四条センター」としてお土産屋さんのスペースになっています)にお連れする前に、まずその通り道の穢れ(けがれ)や厄を祓い清めるのが、本来の山鉾巡行の役割なのです。
今では山鉾巡行は一日で行われますが、昔は17日と24日の二日にわけて行われていました。
これも24日に還幸祭で八坂神社へ戻る神様の通り道を清めるためのものです。


神幸祭のスタートは、大体18時ごろ。
まず八坂神社の四条通側の門前・石段下(東山四条の交叉点)に三基の神輿(中御座・東御座・西御座)があつまり、掛け声と共に高く担ぎ上げられる「差し上げ」、ぐるりと回転させる「差し回し」が行われます。このときはものすごい人数(1000人は超えるとか)の若衆が集まるのですが、とにかく人が多すぎたのでとても近づけず...
已む無く、四条通の途中で神輿が来るのを待つことにしました。

gionmatsuri2011-shinkousai1.jpg

gionmatsuri2011-shinkousai2.jpg

しばらくすると、騎馬武者や御神木の行列がやってきました。
これは御神輿の先導役となる久世駒形稚児さんの行列。
祇園祭のお稚児さんといえば長刀鉾のお稚児さんがよく知られていますが、久世駒形のお稚児さんは「神様の使い」そのもの。鉾のお稚児さんよりも位が上なんです。
このお稚児さんだけは、神社に馬に乗ったまま入ることが許されています。
(ちなみにこの場ではタイミングが悪くてお稚児さんが撮影できませんでした...残念。)

ちょっと騎馬武者さんは暑そうでした。そりゃあ、西日のきついなか、厚着の甲冑姿では大変ですよね。本当にお疲れ様です。
ほかの行列の氏子さんたちも、時折保冷材などで首周りを冷やしたり、熱中症対策をされていましたよ(笑)

実はご神木の台の所が用具入れにもなっていて、そこから保冷材を配ってらっしゃいました(笑)
(あとから調べましたが、こちらの人たちは「宮本組」と「豊園社」の神宝行列だそうです)

しばらく待っていると、八坂神社の方が何やら賑やかになり、どんどん通りに人が増えて...
お神輿がやってきました。


あっという間に沢山の氏子さんたちが塊のように押し寄せ、「ホイットー、ホイットー」の掛け声と共に神輿は去っていきました...

撮影時は通りの端にスタンバイしていたのですが、これだけ間近で行列をみることができるんですよ!
山鉾巡行の雅さとはまた違った、勇壮で荒々しい、祇園祭の別の顔を知ることができるかと思います。

このあとこの御神輿(中御座)は、大和大路で道を曲がり、祇園の風情ある白川や巽神社(よくドラマに出てくる小さな川と小さな神社のあるところです)の方へと進んでいきました。

祇園祭で登場する神輿は、皆それぞれ神幸祭・還幸祭での通るルートが違っています。
実際にご覧になる際は、予めルートをご確認の上、行ってみてください!
(ポイントごとに太鼓の奉納演奏や、お神輿を担ぎ上げて回転させる「差し回し」なども見られますよ!)

来年は、山鉾巡行だけでなく、こちらのお神輿にもぜひご注目を!

神幸祭・還幸祭の巡行マップはこちら(公式ホームページ)


関連リンク

祇園祭~京都の街中がミュージアムに!~

7月16日(土)から京都造形芸術大学ART ZONEで開催されている、京都造形芸大・総合造形4回生展『失語の叫び』展。東日本大震災を受け、学生アーティストの皆さんが語り合い、そしてその「今 このときを生きる」自分たちの「叫び」を言葉ではなく、様々な素材・技法を用いた作品で表現しています。

この関連イベントとして、日本の現代美術を代表する作家・河口龍夫さんと、これまで様々なアーティストと対談を行ってきた総合地球環境学研究所准教授・鞍田崇さんによるトークショーが開催されます。

3.11以降、誰もが「語る」。
被害規模の大きさ、原発問題からして当然かもしれない。
部外者は一人としておらず、誰もが当事者となる。 だから、語る。
でも、そこに居心地の悪さを感じる自分がいる。
阪神・淡路のときはこうじゃなかった。 あの時は語る人とそうでない人の明確な差異があった。
少なくとも、語り方はきわめてデリケートな問題としてあり、 語るべきでない者は、語り以外の関わりを求め、 「聴くことの力」に気づくことにもなった。
失語の叫び。 あふれかえる語りの狭間で埋もれ行くものたち。
現代美術の最前線で活躍してこられた河口龍夫さんといっしょに 耳をすましてみたいと思います。
(鞍田)


河口龍夫×鞍田崇トークショー「俯瞰のてびき」

日時:2011年7月30日(土)13:00~
※参加無料・申し込み不要

出演:河口龍夫(現代美術家)・鞍田崇(総合地球研准教授)

会場・アクセス

京都造形芸術大学 ART ZONE
(河原町三条下る一筋目東入る VOXビル2階)
【アクセス】
京阪「三条」駅・地下鉄東西線「三条京阪」駅または「京都市役所前」駅下車、徒歩5分
阪急「河原町」駅下車、徒歩10分

京都造形芸大・総合造形4回生展『失語の叫び』展

日時:2011年7月16日(土)~31日(日)
    平日13:00〜20:00 / 土日祝 12:30〜20:00(最終日は17:00まで)
※会期中無休・入場無料
会場:京都造形芸術大学 ART ZONE 1階・2階
http://www.artzone.jp/events/shitugo/shitugo_index.html

お問い合わせ

art project room ARTZONE http://www.artzone.jp/
TEL:075-212-9676
E-Mail:info@artzone.jp

flyer_coraboart3.jpg日本が誇る伝統芸能のひとつ・日本舞踊と、様々な楽器の演奏やほかのジャンルを組み合わせた公演を行う「京の暮らしコラボアート」。
今回は筝(こと)と日舞がコラボレーションします。

日本の音色、の代表格ともいえる筝(こと)ですが、今回は楽器の説明を交えながら、なんと現代のポップスの世界に挑戦!同じく日本を代表する芸能である日舞ともあわせ、古典×古典×現代の新しい感覚のアートをお届けします。

古典と現代のコラボレーションが生み出す面白さ、一度体験して見てはいかがでしょうか?

京の暮らしコラボアート 第三回 筝×日本舞踊

日時:2011年7月31日(日) 11:00~12:30ごろ 10:30開場
料金:大人2,000円/学生1,000円/親子ペア2,500円

※事前予約制です。入場ご希望の方は、事前に会場までご連絡くださいませ。
※定員に達した場合は、入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

会場/申し込み・お問い合わせ先

京遊学舎
〒604-0883 京都市中京区間之町竹屋町下る楠町607
TEL:075-212-2044 FAX:075-212-2049
http://homepage2.nifty.com/kyoyugakusha/wa/dendo.htm

出演者プロフィール

【ナビゲーター・日本舞踊】西川影鸞(にしかわ・えいれん)
日舞西川流師範・帝塚山大学講師・表千家講師。
6歳より日舞を始める。他にもクラシックバレエ・茶道・タップダンスなど和洋様々なジャンルの芸術を学び、国内外数々の舞台に出演、公演活動を行う。

【筝曲奏者】丹野ゆうこ(たんの・ゆうこ)
京都府出身。お茶の水女子大学卒・お茶の水大学大学院修了。
幼少期より母から筝の手ほどきを受けて、これまでに3人に師事。
古典曲をはじめ、現代曲の演奏にも意欲的に取り組む。
現在は主に東京・京都を中心に活動中。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗