1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年6月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年6月アーカイブ

flyer_whatsmatsuri.jpg近畿地方の夏祭りといえば?と聞かれると、名前が挙がるのは大阪の天神祭、そして京都の祇園祭でしょう。

日本の三大祭にも数えられるこのお祭りは1200年以上の長い歴史を持ち、現在でも毎年7月になれば街中がお祭りムードに染まり、大変な賑わいを見せます。
また、これらのお祭りの期間中には祇園祭でいうなら、山鉾の見事な懸物やお会所の飾りつけなど...普段めったに見ることのできないような色鮮やかな衣装、装飾品、美術工芸品を見ることができます。

このトークイベントでは、そんな祭のなかの工芸、ものづくりに迫ります。

司会は、以前ご紹介した「職人マップ」プロジェクトを担当されていた京都造形芸大の関本先生
ゲストには実際に祇園祭の懸装品づくりなどを行ってきた、京都祭禮懸装品研究所代表の前田好雄さんを迎え、祭りとはいったい何なのか、祇園祭と天神祭の由来、祭りの中のものづくりとその精神性について、といったお話をお伺いします。
実際に祭の中の世界に身をおいてきた方のお話は、なかなか聴く機会も少ない貴重なもの。
きっと、お祭りをより深く、一味違った形で楽しめるようになるのではないでしょうか?


祭りとは?~祭の中のものづくり 祇園祭・天神祭~
前田好雄×関本徹生 トークイベント

日時:2011年7月9日(土) 17:30~19:30(開場17:00)
参加費:500円(中学生以下無料)
※事前のお申し込みが必要です。下記のお問い合わせ先より、「まか通7月イベント予約」と参加希望者名を添えてご連絡ください。

【出演】
関本 徹生 氏(アーティスト・京都造形芸術大学 教授)
前田 好雄 氏(京都祭禮懸装品研究所 代表)

会場・アクセス

東山区社会福祉協議会 やすらぎ・ふれあい館
〒605-0863京都市東山区五条通大和大路東入5丁目梅林町576番地
【アクセス】
市バス「五条坂」下車、徒歩1分
京阪「清水五条」駅下車、徒歩15分
※お車でのご来場はご遠慮ください

申し込み・お問い合わせ

京都造形芸術大学プロジェクトセンター(担当:木村)
http://kuad.jp/pjc/index.html
TEL:075-791-8763
Mail:mkimura@office.kyoto-art.ac.jp
受付時間:9:00-17:00(土日を除く)

企画・運営:近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通V
※まか通は、京都造形芸大の学生によるプロジェクトチームです。→ 詳細はこちら

■ 京都で遊ぼうARTの祇園祭特集はこちら!→【特集】 祇園祭2011 京都の街中がミュージアム!
flyer_kyotoartfair2011.jpg今年の京都はアートシーンが元気!
5月には京都のアートイベント特集にて初夏のアートイベントを多数紹介しましたが、7月にもアートフェアが開催されますよ!

7月1日(金)、2日(土)、3日(日)の三日間、みやこめっせで「京都アートフェア2011 -京の芸術家たち 現在そして未来-」が開催されます。

「京都アートフェア」は、今京都で活躍するアーティストを紹介し、若いアーティストを応援するために2007年に始まったイベント。今回はその第5回目となります。
日本画・洋画・版画・陶芸・染織・漆芸・現代美術など多彩なジャンルから、新鋭から著名作家まで約250名のアーティストによる、300点以上の作品が登場し、昨年は5000人を超える入場者を数えました。

こちらが通常のアートフェアと異なるところは、ギャラリー単位ではなくアーティストが直接作品を出品していること。そのため、気に入った作品があれば直接入札でき、より手ごろな価格でアートを購入できるようになっています。

なお、今回は京都で遊ぼうARTでも若手アーティストをご紹介する連載コーナー「KYOTO NEW WAVE」にてご協力いただいている、「SHAKE ART!」さんが参加されます。
三条通のお洒落なレトロビル・1928ビルにある同時代ギャラリーとのコラボによる「IMA ART」名義で、16名のアーティストさんが出展予定。
イラスト・絵画・陶芸・ガラス・染織...などなど、これまたジャンルも様々です。
今が旬!これからが楽しみ!な作家さんをチェックしに行ってみては?
 参加アーティストさんはそれぞれの告知ページにてご確認を!

■ KYOTO ART FAIR 2011 - SHAKE ART!
http://kaf-shakeart.jimdo.com/

■ 同時代ギャラリー 京都アートフェア2011
http://www.dohjidai.com/news10.html

京都アートフェア2011 -京の芸術家たち 現在そして未来-

日時:2011年7月1日(金)~3日(日) 10:00-17:00
※入場無料

会場・アクセス

会場:京都市勧業館「みやこめっせ」 1階展示場
電車:市営地下鉄東西線「東山」駅下車、2番出口を北へ(徒歩約7分)
バス:市バス5、32、46、100系統にて「京都会館美術館前」下車すぐ


関連イベント

■ 7月1日(金)
・ジャズライブ:14:00~
演奏: 藤井美智クァルテット
木曽稔之(ドラム) 芝田奨(ベース) 杉原俊(ギター) 藤井美智(トランペット)
・カクテルパーティ:17:00~ ※どなたでも無料参加可能です
演奏:トランペットグループHUEVO(ウェボ)

■ 7月2日(土)
・ 講演会「京都の映画界」:14:00~
講師:中島 貞夫 氏(映画監督)

■ 7月3日(日)
・ 講演会「花と鳥に教えられて」:14:00~
講師:上村 淳之 氏(日本画家・芸術院会員)

詳細・お問い合わせ

kaf2011_logo2.gif
京都アートフェア2011
(京都アートフェア実行委員会、NPO法人 芸術の街京都創生プロジェクト)
http://www.ab.auone-net.jp/~kcpa/kaf2011.html
img_24kei_250x399.jpg© 杉本好夫
法然上人ゆかりの寺院・知恩院さんのギャラリーにて、知恩院をテーマにした版画展が開催されています。

展示されているのは、切り絵作家として活躍している杉本好夫さんの作品。
知恩院発行の月刊誌『知恩』の表紙を2009年4月号から2年間にわたって担当してきた杉本さんが、今回は知恩院の建物や意匠を切り取り、デジタル版画として表現しています。
展覧会では25点のデジタル版画とともに、杉本さんオリジナルの切絵作品12点をご紹介します。

シャープな「線」と「彩色」のハーモニーが生み出す、知恩院のグラフィカルな魅力。
いつもとはまた違った、お寺の美の世界に触れて見てはいかがでしょうか?


知恩院24景-杉本好夫・デジタル版画の世界

日時:2011年6月25日(土)~7月31日(日) 10:00~18:00
※ 7/7(木)~11(月)は休廊
料金:入場無料

会場・アクセス

ギャラリー和順 (知恩院 和順会館 B1階)
〒605-0062 京都市東山区林下町400-2

【アクセス】
地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩8分
市バス12,46,201,203,206系統にて「知恩院前」下車、徒歩5分
阪急京都線「河原町」駅下車、徒歩15分
京阪「祇園四条」駅下車、徒歩10分

作家プロフィール

杉本好夫(すぎもと・たかを)
切り絵作家。1944年、大阪生まれ。
グラフィック・デザイナーとして出発し、20年ほど前から切り絵の創作を始める。
近年はミストグラフやデジタル版画の制作も手がけ、各地での個展が好評を博している。
公式HP「たかをの部屋」:http://homepage2.nifty.com/ane/index/index.htm

詳細・お問い合わせ

総本山知恩院・和順会館運営部
TEL:075-205-5013
URL:http://www.wajun-kaikan.jp/index.html


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗