1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 祇園祭図&伊藤若冲の名作が期間限定特別公開。相国寺承天閣美術館をチェックせよ!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

祇園祭図&伊藤若冲の名作が期間限定特別公開。相国寺承天閣美術館をチェックせよ!

| トラックバック(0)
flyer_hamburg-ukiyoe.jpg先日5月21日(土)から相国寺承天閣美術館で始まった 日独交流150周年記念「ハンブルク浮世絵コレクション展」

鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重...と、有名&人気浮世絵師の傑作がずらりとドイツ・ハンブルクから里帰りするというとっても豪華な内容の展覧会です。いや、本当すごい。

しかし、展覧会会期中の見所はそれだけではないんです!

実は展覧会の会期に合わせて、期間限定で貴重な作品が公開されることになっています。
今回公開されるのは
横山華山筆「祇園祭礼図巻」と、伊藤若冲の拓版画「玄圃瑤華」&その版木です。
しかし、作品名をぱっと聞いただけではイマイチイメージが浮かびませんよね。
いったいどんな作品なのか?少しご紹介します!

横山華山筆「祇園祭礼図巻」

公開期間:2011年7月2日(土)~18日(月・祝)

京都の夏祭りといえば、祇園祭。
その期間に合わせて公開されるこの作品は、江戸後期の祇園祭の様子を描いた作品です。
現在も見ることができる祇園祭の山や鉾の姿のほか、当時の人々がお祭りを楽しむ様子も生き生きと描かれています。
実は祇園祭の山・鉾の一部は、この絵が描かれた後、蛤御門の変などで京都の街が火災に遭った際に焼失してしまい、今は巡行していないものもあります。まだ健在だった頃の姿を、絵巻でぜひ確認してみてください。

※ 横山華山(1781(1784)~1837)
江戸後期の絵師。京都生まれ。岸派の岸駒(がんく)や四条派の松村月渓に学んだ。曽我蕭白にも私淑している。
人物画、風景画、花鳥画に優れる。主に海外の美術館・コレクションに所蔵品が多い。
京都をテーマにした作品には、京都の風景をパノラマで描いた「花洛一覧」など。


特別公開 伊藤若冲の拓版画「玄圃瑤華」と板木

公開期間:2011年8月13日(土)~21日(日)

genpoyoka.jpg 2genpoyoka.jpg

相国寺ゆかりの人でもある伊藤若冲。
承天閣美術館では、最近修復が完了した若冲筆の障壁画(金閣寺大書院で使われていたもの)の全面公開を行うなど、話題となっていました。→ 若冲水墨画の世界

今回は、彼の代表作のひとつである「玄圃瑤華」(げんぽようか)が特別公開されます。
若冲が好んだモチーフ、草花や虫たち、カエルなどの生き物が生き生きとデザインされた版画作品。
葉っぱの虫くいやつるのうねり具合など、全体が上手に一体化され、とてもモダンな作品になっています。
若冲といえばものすごい書き込み具合や極彩色のカラフルな作品のイメージが強いかもしれませんが、こちらはモノクロームかつディフォルメもされていて、とてもかわいらしいですよ!
はがきなどにも復刻デザインされたものが京都では売られていたりするので、見覚えのある方もいらっしゃるかも?
(ちなみに、江戸琳派の代表的な画家である酒井抱一もこの絵をお手本にした作品を描いています)
また、今回は作品と一緒に、版木を所蔵する日本でも数少ない木版印刷の会社「芸艸堂」(うんそうどう)さんが、実際に用いる版木も公開してくれます!

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗