1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年4月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年4月アーカイブ

zenkyoan2011_main.jpg
© Yoshitomo Nara courtesy of Tomio Koyama Gallery
これぞ京都ならではの贅沢!歴史あるお寺を舞台に、著名アーティストも多数参加した豪華なアートイベントがゴールデンウィークに合わせて開催されます!

会場は建仁寺の塔頭・禅居庵(ぜんきょあん)。


会場は祇園にほど近い、日本最古の禅寺・建仁寺の塔頭のひとつ「禅居庵」。
副住職を務める上松正宗さんは芸術大学の出身。自身も映像作家・サウンドクリエイターとして活動しているアーティストなんです!
これまでも、「京都現世美術館」など積極的にお寺を会場にしたアートイベントを開催されています。
(上松さんもトークイベントに参加予定です!)

今をときめくアーティストが合同展覧会を開催!


展覧会では、7名の現代アーティストが京都に集合。絵画・写真・立体・インスタレーションなど新作を含めた多彩な展示を行います。

7人のメンバーは、
いまや世界的にファンも多い、日本を代表するポップアーティスト・奈良美智さん
イラストからファッションデザイン、立体造形まで多彩なジャンルで活躍するエドツワキさん
広告写真など幅広く手がける写真家の大橋愛さん
僧侶兼写真家として活動する梶井照陰さん
瀬戸内国際芸術祭などで話題の栗田宏一さん
人気イラストレーターのカンバラクニエさん
そして童謡「ぞうさん」などの作詞でおなじみの詩人まど・みちおさん(今回は絵画!)
...という超豪華メンバー!他では見られない贅沢な内容になっています!

参加アーティストについては公式サイトをチェック!

連日開催のイベントも注目!


8日間の期間中には、毎日、アーティストのトークショーやワークショップなどの多彩なイベントを開催。

トークショーには、展覧会の参加アーティストはもちろん、ゲストも豪華なラインナップ。
村上隆さんとのコラボなどでも話題になった、京都を代表する若手アーティストグループ「0000」のメンバーでもあるNam Hyonjun(ナム・ヒョンジュン)さんや、伝統の木版画を現代的にアレンジした作品で話題の「竹笹堂」の竹中健司さんなどが参加されます。

また、お寺に生えている苔を使った苔球作りや、写経体験や座禅体験など、お寺ならではのイベントも開催予定です!
※イベントは一部を除き事前予約制です。詳しくはお問い合わせください。

会場にはCafe Marbleによるカフェも出店されるので、一休みにもぴったり。
アートグッズや作品・書籍を販売するショップスペースも設置されます。
まさに京都でならではの贅沢なアートイベント!
新緑も鮮やかで過ごしやすい季節、GWには京都のお寺でアートに触れる、そんな休日はいかが?


flyer_wind2011.jpg「風と木の詩」「地球へ...」などで知られる、竹宮惠子(たけみや・けいこ)先生のチャリティー展が京都市内のギャラリーで開催されます!

今回の個展、元々以前から開催は決定していたのですが、先日の東日本大震災を受け、一時は中止・延期の方向も考えていたとのこと。しかし、

自粛して何もせず、じっと見過ごしているより
この個展を機に、できるだけ沢山の方に足を運んでいただき
募金をしていただくことで少しでも被災地の方のお役に立てないだろうか?
と思い直し「そうしたい」という気持ちに変わって決心いたしました。(告知サイトより)

というわけで、今回は特別にチャリティーイベントとして開催されることになったそうです。

募金箱設置はもちろん、できるだけ多くの方に参加して頂くため、会期中に販売される画集・カレンダーは特別に半額or半額以下の特別価格で販売。
また、会期中にはスペシャルイベントとして、竹宮先生によるサイン会や、トークイベントも開催されます。
お楽しみがいっぱいのチャリティー展覧会、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


竹宮惠子 京都 個展「風」

日時:2011年4月23日(土)~30日(土) 12:00~18:00(最終日は16:00まで)

会場:ギャリエ・ヤマシタ
(京都市中京区寺町通三条上ル 天性寺前町537)
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前」下車、徒歩約6分

※入場無料

竹宮惠子 サイン会&トークイベント

■ 画集「風」サイン会
4月23日(土) 終日開催

■ 風木トークイベント
4月30日(土)16:00~17:00
※翌日(5/1)に京都国際マンガミュージアムにて竹宮先生と座談会を行う、波津彬子先生も飛び入り参加されるかも...?

波津彬子×竹宮惠子スペシャル座談会(京都国際マンガミュージアム)についてはこちら!

チャリティー特別企画・画集&カレンダーを特別価格で販売!

できるだけ数多くの皆様にご来場いただき募金にご協力いただくために、画集&カレンダーを今回に限り!半額および半額以下で販売します。

画集:¥10.000 →¥5.000
カレンダー:¥3.000 →¥1.000

※整理券などの配布はございません。無くなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
※会場受付には募金箱を設置しておりますので、善意のご協力をお願いいたします。

お問い合わせ・関連リンク

竹宮惠子 公式ホームページ
展覧会の詳細告知記事

原画'(ダッシュ)展示シリーズ わたなべまさこと花郁悠紀子 幻想の旅
→ 竹宮先生の作品も展示されます!
CIMG1314.JPG4月20日(水)から京都高島屋で始まった「生誕120年河井寛次郎 生命の歓喜」展。
こちらの公開初日に、早速スタッフSが行って参りました!

今回の展覧会は、大正~昭和にかけて京都を拠点に活躍した陶芸家・河井寛次郎の生誕120年記念の回顧展。
これまで、東京、大阪と巡回してきましたが、いよいよホームタウン・京都での開催です!
初日から会場はかなりの賑わい。沢山の方がいらっしゃっていました。


kanjiro120-2この日には、ちょうど河井寛次郎記念館の学芸員、鷺珠江さんによるギャラリートークが開催されていました。鷺さんは河井寛次郎のお孫さんでもあります。(いつも「京都で遊ぼうART」では何かとお世話になっています...!)
この展覧会の企画は鷺さんが全面的に担当されたのだそう。つまり河井寛次郎記念館の全面プロデュース展なんです!
また、会場となっている高島屋も、寛次郎が初めての個展から最後の展覧会まで、ずっと会場にしてきた場所なのだそうです。
(その際に出会った高島屋美術部の川勝堅一さんとはその後40年以上もパートナー関係になっていたそう。川勝さんはその後寛次郎作品の一大コレクターとなり、コレクションは現在「川勝コレクション」として京都国立近代美術館に収められています)


展覧会は「技」「暮らし」「交わり」「生命」「造形」「祈り」の六つのテーマで構成されています。
企画を考える上で鷺さんが意識したのは、寛次郎の生き方や暮らしぶりなど、「河井寛次郎」その人をどのように伝えるか、だったそう。
一応、全体の順序は若いころから晩年までの流れにそった形になっているのですが、その作風の変化と共に、寛次郎がどのような考えで作品を作っていたのか、どんな人だったのかが、テーマを追っていくと確かに見えてきます。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗