1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年4月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年4月アーカイブ

flyer_pake.jpg関西を拠点に展覧会を開催するアート集団「毘沙門展」。
アーティスト、会社員、僧侶、教師などなど多種多様のメンバーから、毎回構成メンバーを変えて展覧会を開催しています。

今回のテーマは「化」。
化、の字には美しく化ける「化粧」、人を化かす「お化け」そして様々なものが一つになる「化合」といろいろな意味があります。
アートの「化」とはどんな感じになるのでしょう?

ギャラリーのほか、おしゃれなカフェと二つの会場での開催となっています。
ギャラリーって気になるけど、ちょっと敷居が...なんて躊躇してしまう人でも入りやすい、フレンドリーな雰囲気の展覧会です!

第13回毘沙門展 「化 -pake-」

【第一期】
日時:2011年4月26日(火)~5月1日(日) 11:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:Gallery カト http://www2.ocn.ne.jp/~art-kato/
(寺町通御池下る下本能寺前町515)

《アクセス》
阪急「河原町」駅下車、9番出口(新京極通)より 西の寺町通を北へ徒歩約10分
京阪「三条」駅/地下鉄東西線「三条京阪」下車 三条商店街から 寺町商店街へ 徒歩7分
 地下鉄東西線「京都市役所前」下車 5番出口より寺町商店街へ


【第二期】
日時:2011年5月3日(火・祝)~5月7日(土) 12:00~26:00
会場:Gallery Cafe&Bar CoLLabo http://collabo-kyoto.com/index.html
(三条通高倉東入る枡屋町53 DuceMix ビルヂング 3F)

《アクセス》
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車、徒歩6分

※CoLLaboではお店での展示となりますので、お食事・お飲み物とご一緒にお楽しみください。

詳細・お問い合わせ

毘沙門展
ホームページ:http://sites.google.com/site/vishaweb/
twitter:http://twitter.com/vishamonten/
musicroom2011-5.jpg京都芸術センターで定期的に開催されている音楽系イベント「Music Room」から、大人も子どもも一緒に楽しめるGWにぴったりのイベントが開催です!

今回は「おとと、おんがく、ときどきからだ。」と題したワークショップ編。
個性豊かな3人のアーティスト&1人のダンサー(池田安友子・小松正史・森本アリ・宮北裕美)をリーダーに迎え、「音を聴く・感じる、音楽を奏でる・表現する」をテーマに、家族連れからお一人様まで、大人も子どもも、世代を問わず音・音楽を楽しむことのできるワークショップ&関連企画が開催されます。
最終日には、観客も参加する大音楽会も!
また、現在京都芸術センターで開催中の「Meet The Animals-ホームルーム」展(三沢厚彦)ともコラボレーションした企画も開催されます。

いよいよゴールデンウィークのスタートとなる、4月29日からの3日間。
京都の人気アートスポット・京都芸術センターで「アート&音楽体感!」なんてすごし方はいかが?

Music Room ワークショップ
「おとと、おんがく、ときどきからだ」

日時:2011年4月29日(金・祝)~5月1日(日)
※日時はワークショップにより異なります。
  詳細は各ワークショップ、企画の項目・ページをご確認ください。

会場:京都芸術センター

料金:各ワークショップ 500円/みんなの演奏会 1,000円

※ワークショップ参加・演奏会のご予約にはお申し込みが必要です。
お申し込みは、催しのタイトル、参加者の氏名、電話番号を明記の上、お電話・メールまたは京都芸術センターのホームページ内のフォームからお申し込みください。 
詳細につきましては京都芸術センターまでお問い合わせください。
 
※ワークショップに4回以上ご参加の方は、「みんなの演奏会」は無料で参加いただけます。
※関連企画は全て入場無料、申込み不要です。

【ワークショップリーダー】
池田安友子/いけだあゆこ(パーカッショニスト)
小松正史/こまつまさふみ(ピアニスト・作曲家・サウンドスケープ研究家)
森本アリ/もりもとあり(音楽家・トランペット・おもちゃ楽器奏者)
宮北裕美/みやきたひろみ(ダンサー・振付家)

7354288_1083583426_222large.jpg巨大なギャラリーが地下ショッピングモールに再び出現!
昨年12月に開催され、話題となった「マグネット・アパート」が帰ってきます!

マグネット・アパートとは?


「いろんなアーティストやお客さんが磁力(魅力)にひきつけられてステキな出逢いが生まれる場所」
かつて手塚治虫や藤子不二夫など優れたマンガ家が多く出たトキワ荘のように、ここから優れたアーティストが世界に向けて飛び立っていける発信基地に、をコンセプトにした、期間限定のギャラリー展示イベントです。
今回で第二回目の開催となります。

27名のアーティストがひしめく期間限定ギャラリー!


ギャラリー内には、アパートの部屋に見立てたアーティスト別のブースのほか、あちこちに様々なアーティストの作品がひしめきます。
参加アーティストは27名!

注目は、アートイベント artDiveでもや萬福寺芸術祭にも参加されていた、
不思議な「鳥人」の絵を描くアーティスト「鳥彦」さん。
シャープペンシルによる細密描写は圧巻。若くして注目を集める人気アーティストさんです。
「京都で遊ぼうART」でもご紹介をさせて頂きました!
萬福寺芸術祭のレポート

また、前回から引き続き参加されているアーティストさんもいれば、新規参戦者もいます!
作品のジャンルも、絵画やイラストから、ブラックライトを使ったインスタレーション、ファッション、フラワーアートなど様々!色々な作品を一度に楽しめます。
また、販売されている作品もあるのでお持ち帰りも可能です!

気になるアーティストを追いかけて、または新たな出会いを見つけに。
会社帰りや買い物ついでにも立ち寄れる、便利な立地。
GW中、気軽に覗きに行ってみてください!



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗