1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2011年東北地方太平洋沖地震にあたって(京都で遊ぼうARTの動きについて)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2011年東北地方太平洋沖地震にあたって(京都で遊ぼうARTの動きについて)

| トラックバック(0)
2011年3月11日に発生しました、「東北地方太平洋沖地震」におきまして、
被災された方に心よりお見舞い申し上げると共に、
犠牲になられた方々、ご遺族の皆様に対し、 深くお悔やみを申し上げます。
一日でも早く復旧、復興がなされることを心よりお祈り致します。

京都で遊ぼうARTの今後の動きについて


「京都で遊ぼうART」は、今後も通常通り京都の美術館・ギャラリー、イベントなどのアート情報を皆様に発信させて頂きます。

被災地ではない所から情報を発信しているものとして、まずできることは「普通の状態を保つこと」。被災地の方のことを心に留めつつ、「いつもどおり」を崩さないようにすることです。

必要以上の浪費はもちろん良いことでは有りませんが、自粛・萎縮のしすぎはかえって経済的に悪循環を生みかねません。「普通のこと」が出来ない地域が在る以上、その分「普通のこと」ができる者がそれを保ち、支えていく必要があります。
被災してしまった地域の方が、後々スムーズに、「普通のこと」が始められるように。

アートには、見た人を勇気付けたり、心を和ませたりする力があります。
被災地の方はもちろん、被災地外の方も、連日の報道などでストレスを感じ、引きこもったりふさぎ込んだりしてしまうこともあるかと思いますが、是非その際は可能な時に、外に出る機会、アートを見て、心を休める機会を作っていただければと思います。
少しでも、当サイトの発信する情報をそのきっかけにしていただければ、大変嬉しく思います。


京都で遊ぼうARTのできること

同時に、主に京都をはじめ被災地外の方でもできる支援活動に関連する情報を中心に、ツイッターにて発信、拡散のお手伝いをさせて頂くことにしました。
可能な限り、被災地の方や支援のお気持ちをお持ちの方のお役に立てればと思っています。
(ツイッターはFaceboookと連動させていますので、こちらにも情報が飛んでいます)

主に京都、及び関西圏を中心に、募金などの支援活動をご検討、試みていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、お気軽にツイッターのアカウント @kyotodeasobo までご連絡をいただければと思います。

■ 京都で遊ぼうARTのツイッター:http://www.twitter.com/kyotodeasobo
■ Facebookからのご連絡もOKです!:http://www.facebook.com/art.kyotodeasobo

また、アート関連でチャリティイベントや、展示施設などでの募金活動をされる方がいらっしゃいましたら、是非お声をおかけください。
通常のイベント情報の掲載依頼の際も、そのような支援活動をされる場合は、ご紹介記事内に記載をさせて頂きます。
また、震災に関してイベントが中止される場合なども、告知のご協力をさせて頂きますので、お申し付けください。

被災地支援に何かしたい!そんな方には。


今回の地震に関して、京都や関西など被災地外の方が支援のために何ができるか?
確かな情報はどこで知ればいいの?

そんな方には、姉妹サイトの「京都で遊ぼうMUSIC」のスタッフが関連情報をわかりやすくまとめて記事にしてくれていますので、是非そちらをご参照ください。
支援の前の心構え、正確な情報のサイトへのリンクのほか、募金場所、献血について、節電運動について、ツイッターでの情報探しに便利な検索用のタグなど、まとめられています。

2011東北大地震のために特別じゃない僕らが今できること(支援先・情報収集先まとめ)

是非ご参考にして下さい!!

募金・ボランティア活動について

上記記事にも掲載されていますが、一部補足程度に。

現在、コンビニなどでも募金活動が始まっています。
また、YahooやTポイントなど、ポイントカードからの募金ができるようにもなっています。
(こちらは京都で遊ぼうMUSICの上記記事にまとめられていますのでご参照ください)

3月14日現在では、日本赤十字社の口座も設置され、銀行などから振り込みが可能になっています。

京都市内では、市役所、区役所、図書館、市営地下鉄の各駅に募金箱が設置されたり、募金を申し込むことが可能になっています。
東北地方太平洋沖地震災害に対する義捐金寄付の受付について(京都市)

ボランティア活動については、
京都市ではボランティアセンターの設置の動きが始まっています。
被災支援のボランティア窓口一本化 京都府・市(京都新聞)
ただし、まだ本格的に設置がされた、動いているというわけではありませんのでご注意ください。

京都府の災害ボランティアセンターのホームページにも、分かりやすくまとめられています。
京都府災害ボランティアセンター:ボランティア活動の流れ

時期的にもすぐに行ってはかえって現地の混乱を招き、ご迷惑になる場合もあります。
ボランティアしよう!と思ってもすぐに動いたりはせず、公共機関からの支援についての指示などを待つようにして下さい。実際に足を運ぶのは、助けに行きたい!と思ったときではなく、現地の方に必要とされたときです。


以上、「京都で遊ぼうART」としての動きや情報などをまとめさせていただきました。

大変な状況の方も多々いらっしゃるかと思いますが、
このようなときこそ、助け合いの精神で乗り越えていきたいと思います。
「京都で遊ぼう」のスタッフ一同、少しでも何かのお役に立てればと思っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗