1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 現代日本画家・三瀬夏之介さんのトークイベント&レセプション!「東北画は可能か?/日本画は可能か?」(2/26・京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

現代日本画家・三瀬夏之介さんのトークイベント&レセプション!「東北画は可能か?/日本画は可能か?」(2/26・京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)

| トラックバック(0)
Dakara_Boku_wa.jpg

「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる(部分)」(2010)
撮影:瀬野広美(Hiromi Seno)
shizumeru_tera.jpg

「沈める寺」(2009)
撮影:二塚一徹(Futazuka Kazuaki)

萬福寺芸術祭」でもご紹介させて頂いた、日本画家・三瀬夏之介さん。
現在、残り期間も僅かとなってしまいましたが、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにて、展覧会「三瀬夏之介展 --だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる--」を2月26日(土)まで開催中です。

まさに「ネオ日本画」ともいうべき壮大なスケール感、幻想と抽象、繊細さが同居する独特の作風で注目される三瀬さんは、実は京都市立芸術大学のOB。

展覧会ではその現在の三瀬さんの世界観・エネルギーを全て投入。20m以上の大作を中心とした「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」(@KCUA1)と、旺盛な制作意欲が見て取れる作品群の展示を中心とした「水墨考」(@KCUA2)の二つで構成された内容になっています。

この展覧会の最終日にあたる2月26日(土)、ご本人によるトークイベント「東北画は可能か?/日本画は可能か?」が開催されます!
現在、東北芸術工科大学准教授として後進指導をされている三瀬さん。
今回の展示においても、学生時代をすごされた関西から、現在居を構える東北までの距離をテーマのひとつにされているそう。気候風土はもちろん、歴史の流れもその中には含まれているといいます。
そんな三瀬さん自らが、自身の創作活動を語って下さいます。

トークの後には、ご本人を囲んでのレセプションも予定。
参加は無料とのことですので、お時間のある方は気軽に参加されてみては如何でしょうか?


三瀬夏之介  トークイベント
「東北画は可能か?/日本画は可能か?」

mise_flyer.jpg日時:2011年2月26日(土)16:00~
※クロージングレセプション:2月26日(土)17:00~

会場:京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
(〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1)

アクセス:市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車、2番出口より徒歩3分/市バス「堀川御池」下車すぐ

「三瀬夏之介展
--だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる--

会期:2011年2月4日(金)~2月26日(土) 11:00~19:00(入館は18:45まで)
※後期「水墨考」:2011年2月17日(木)~26日(土)/@KCUA2
※月曜休館

詳細・お問合せ

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
TEL:075-253-1509/FAX:075-253-1510
公式ホームページ:http://www.kcua.ac.jp/gallery

京都市立芸術大学企画広報課
TEL:075-334-2204

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗