1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. マンガ好きインテリ二人の化学反応。「対談企画 内田樹×養老孟司 コンテンツ社会における文化政策」(京都国際ホテル/11/23)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

マンガ好きインテリ二人の化学反応。「対談企画 内田樹×養老孟司 コンテンツ社会における文化政策」(京都国際ホテル/11/23)

| トラックバック(0)
Yoro-Uchida.jpg年で開館4周年を迎える、京都国際マンガミュージアム
その館長をつとめる養老孟司先生による対談企画が再び開催されます!
今年は「JIN-仁-」の村上もとか先生、「スーパーマリオ」の生みの親・任天堂の宮本茂さんとの対談が行われましたが、今度のお相手は、思想家・エッセイストとして活躍されている、内田樹さんです。

内田さんは、自身のブログ(内田樹の研究室)内でもマンガについての発言をされており、書籍「街場のマンガ論」を刊行するほどのマンガ好き。
対談では、ともにマンガに造詣の深いお二人が、日本のマンガ文化についてのお話から、興味があること、気になっていることなどなど、マンガ好きもそうでない人も楽しめる、バラエティに富んだお話を展開します。
現代社会のマンガ好きインテリ二人が、縦横無尽に語りつくす現代マンガ論。是非ご注目を!
※応募締め切りは17日(水)。まもなくですのでお見逃しなく。


対談企画 内田樹×養老孟司
「コンテンツ社会における文化政策」

日時:2010年11月23日(火・祝) 14:00~15:30
会場:京都国際ホテル 2階 扇の間 (京都市中京区堀川通二条城前)
※会場は京都国際マンガミュージアムではございません。ご注意下さい。
※入場無料
※事前申し込み制(定員300名)です。
  申し込みは往復はがきにて、11月17日(水)必着。(電話では申し込み不可)
  →申し込み方法はこちら!

主催:京都国際マンガミュージアム

■ 内田樹(うちだ・たつる)プロフィール
1950年、東京生まれ。東京大学仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。
現在、神戸女学院大学文学部教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。
近著には『おせっかい教育論』(140B)、『武道的思考』(筑摩書房)ほか多数。
『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞受賞。
このほど、 ブログ「内田樹の研究室」より漫画についての内容をよりすぐり、書籍化した『街場のマンガ論』(小学館クリエイティブ)を今年10月6日に発行されました。こちらには養老館長 との対談も収録しています。

■ 養老孟司(ようろう・たけし)プロフィール
1937年神奈川県生まれ。東京大学名誉教授、解剖学者。
『唯脳論』『バカの壁』など多数の著書があり、脳科学者の立場から人間社会の様々な事象を脳の機能や仕組みと結びつけて評論している他、テレビ出演や講演会など幅広く活躍している。
マンガ・アニメにも造詣が深く、『マンガをもっと読みなさい 日本人の脳はすばらしい』(共著:牧野圭一)、『虫眼とアニ眼』(共著:宮崎駿)などマンガ・アニメ関連の著書もある。
京都国際マンガミュージアムの館長は2006年の設立時から務めている。

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗