1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【京都宝物館探訪記】藤森神社編 第三回目(完結分)まで公開してます!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【京都宝物館探訪記】藤森神社編 第三回目(完結分)まで公開してます!

| トラックバック(0)
神社やお寺の宝物にスポットをあててご紹介している「京都宝物館探訪記」。
第一弾・豊国神社、第二弾・智積院に続く第三弾は、藤森神社をご紹介しています。

fujimoriemaki6.jpg DSC_8056.JPG
連載1回目は歴史、2回目は境内にあるものや神社に伝わるエピソード、そして3回目は宝物館にある展示品から見どころのものをピックアップしています。

2回目のところでは、伏見にある神社らしい、幕末に関わるエピソードも紹介。
現在大河ドラマの影響もあって幕末ブームが起きていますが、この藤森神社のある伏見は明治維新時に新政府側(薩長側)と幕府側が対決した「鳥羽・伏見の戦いの地」であるので、それに関わるエピソード、そして物を見ることができます。
面白いのが、新撰組の近藤勇が、腰痛が酷いので、境内の中のイチイ切り株(いちのきさん)に願掛け通いをしていたという話。
聞いたとき、なんだか妙にほほえましくなってしまいました...
また、宝物館の中には、戦で用いられた銃器も展示されていました。
幕末好きの方にも、是非チェックしていただきたいスポットです。

藤森神社のコレクションの最大の特徴は、大半は現在の宮司さんが中心となって集めたものということ。
普通、寺院の宝物というと、昔から伝わっているものや奉納品などが中心のイメージがありますが、藤森神社さんは自分達で関係資料を積極的に集め、展示しているんです。
その分、他ではまずお目にかかれないようなユニークな品々も並んでいます。

第3回目でご紹介していますが、是非お茶室用の脇差(木刀)は見ておいていただきたいです!
非常に珍しい品で、ここぐらいでしかお目にかかれないため、専門家が写真撮影にくることもよくあるのだとか...
葉っぱに乗ったカタツムリ、とかまるまる魚の形、とか、遊び心満載の面白い逸品です。

また、藤森神社さんのもうひとつの名物・紫陽花苑も、現在の宮司さんの発案で始めた催しなのだとか。
馬の民芸品コレクションといい、このバイタリティには目を見張るばかりです!

とにかくユニークで積極的な姿勢が光る宝物館。お近くに寄られた際には是非覗いてみて下さい。

次回は、醍醐寺霊宝館をご紹介する予定です。
お楽しみに!!


関連リンク

京都宝物館探訪記 藤森神社
京都宝物館探訪記 トップページ

↓ 幕末・伏見といえばこちらもチェック!
ミュージアム・京都の歩き方 「幕末そぞろ歩き」坂本龍馬編《伏見・東山》

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗