1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年10月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年10月アーカイブ

flyer_shinran-ohtani.jpgのサムネール画像2011年は浄土真宗の祖・親鸞聖人の750回御遠忌であることに関連し、大谷大学博物館では親鸞に関する展覧会を3年に渡って開催します。今年度は親鸞の生涯を絵伝で紹介するほか、交流のあった他宗派の祖師、そして浄土の教えに深く関わる『往生要集』をはじめ親鸞の著書や言行録を紹介。「親鸞」という人をより多くの方に知って頂く展覧会です。
2011年、京都では親鸞に関連するイベントや展覧会も多数開催予定。その予習にいかがでしょうか?

展覧会の詳細はこちら
2010年度特別展「親鸞-その人と生涯-」

開催場所についてはこちら
大谷大学博物館
flyer_mariannne-clouzot.jpgのサムネール画像
詩人や作家の世界を版画、油画、パステル画などで表現したフランスの女性画家、マリアンヌ・クルーゾ。アール・デコの時代に属しつつも染織や陶芸、立体にもその幅を広げ、2007年に99歳で亡くなるまで創作活動を続けました。展覧会では現在では希少な「ポショワール技法」を用いたクルーゾ挿画による豪華本や油画、パステル画などを展示。多彩な世界を総合的に紹介します。

展覧会の詳細はこちら
絵は詩のごとく、詩は絵のごとく マリアンヌ・クルーゾの世界

開催場所についてはこちら
京都嵯峨芸術大学附属博物館

kyohyogu_fureaikan.jpgのサムネール画像表具は表装とも呼ばれ、経や書画の鑑賞に適するように裂地や紙を張って裏打ちする技法として、仏教とともに中国から伝わってきました。その後、表具は寺院や芸術家の多かった京都を中心に発展。軸装(掛軸)・屏風・巻物画帖・額装・襖(ふすま)などへと、表具、表装の世界は広がりを見せてきました。展覧会では京都の伝統工芸・京表具を軸装・額装を中心に約30点展示。普段は脇役になりがちな表具に、この機会にじっくりと目を向けてみてはいかがでしょうか。

展覧会の詳細はこちら
京表具展-潤いある生活文化の創造-

開催場所についてはこちら
京都伝統産業ふれあい館


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗