1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年9月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年9月アーカイブ

omosiro_jyuban.jpg ミッキーマウス柄・ボート競技柄の長襦袢
紫織庵の所蔵コレクションによる大正期から昭和初期のおもしろ柄の長襦袢の特別展。未公開の作品も含めて、今では思いつかないような大正・昭和初期の図柄や色使いの魅力はきもの通のおしゃれには必見です。

紫織庵は、築80年以上の京町家を利用した、京都の町家文化と貴重な長襦袢のコレクションを展示公開しているミュージアムです。内部は和室のほか、日本近代建築の父と呼ばれる武田五一が設計を手がけたモダンな洋間が組み合わされた、非常に贅を尽くした作りとなっています。 長襦袢コレクションの展示のほか、祇園祭の際に旧家で行われる「屏風祭」の様子も一年を通じて再現されています。(屏風は季節ごとに入れ替え。京都画壇の日本画家が手がけたものが多く、もちろんこちらもコレクション品です!)

展覧会の詳細はこちら
大正・昭和のおもしろ長襦袢展

開催場所についてはこちら
京のじゅばん&町家の美術館 紫織庵
ozawasakae.jpg「スコップ・プロジェクト」とは、見ず知らずの人も共に浸かり交流が生まれる温泉のように、「アート」の力で、現代美術作家、一般の方、障害者支援アートの活動など、これまでつながらなかった各々の関係を結びつけ、それぞれの理解を深めるきっかけづくりを目的としたアートプロジェクト。
アートの立場からの社会的な意義や役割、可能性を求めて様々な企画・活動を行っています。

現在は、福祉NPO施設「カフェ&ギャラリー アトリエとも」を会場に、シリーズ展を開催中。
その第三弾として、小沢さかえさんの個展「指先から銀河」が9/20まで開催されています。

2010年「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から」出展、絹谷幸二賞奨励賞の受賞、 個展「亜熱帯劇場」開催など、ますます活躍目覚ましい小沢さかえ。
今回、mori yu gallery の協力のもと、アトリエともでの個展開催が叶いました。
夢と現実が入り混じるような不思議な透明感と鮮やかな色彩。その魔法のような表現世界をどうぞお楽しみください。(公式HPより)
→  作家プロフィール・履歴、ブログはこちら(&ART)

「スコップ・プロジェクト」では、今後も来年2011年・2月までの間に展覧会を随時開催する予定(全6回)です。登場するのは現在第一線で活躍中のアーティスト。今後も注目!

スコップ・プロジェクトVol.3 小沢さかえ 個展 「指先から銀河」

開催期間:2010年9月3(金)、4(土)、5(日)、10(金)、11(土)、12(日)、17(金)、18(土)、19(日)、20(月・祝)
※金、土、日の週末3日間のオープンです
開廊時間: 11:00~19:00(最終日~18:00)
会場:カフェ&ギャラリー アトリエとも
(〒604-8146 京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町306サンプランタン1階)

企画:スコップ・プロジェクト委員会
協力:moriyu gallery

《アクセス》
阪急「烏丸」駅 または 市営地下鉄烏丸線「四条」駅 下車、徒歩6分

《お問合せ》

■ スコプロ委員会 (企画内容等について)
E-Mail: manavuart@gmail.com : 広報・ムラギしマナヴ
■ アトリエとも (場所等、ともについての問い合わせ)
TEL 075-211-0606

リンク


スコップ・プロジェクト
小沢さかえ 個展「指先から銀河」


flyer_rakukanreki1.jpg樂家の御当代・十五代樂吉左衛門さんの還暦記念展第一期。東京芸大在籍中は彫刻を学び、その後イタリアへ留学。現代音楽や現代美術など幅広く親しみ、その経験は陶芸の道に進み襲名後の個展「天問」の茶の湯の陶芸の概念を打破する斬新な作品を生み出し注目を浴びました。第一期では主に襲名以前~1990年の個展「天問」までの代表作をご紹介します。

展覧会の詳細はこちら
特別展 樂吉左衞門 還暦記念 I  襲名から個展「天問」まで

開催場所についてはこちら
樂美術館


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗