1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年9月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年9月アーカイブ

flyer_chikyuken34.jpg毎回様々なジャンルで、新しいまなざしをもって自然からの触発を受けて活躍されている方々からお話を伺う「人と自然:環境思想セミナー」
これまで33回に渡って開催されてきたこのイベントですが、第34回をもって最終回を迎えることになりました。

最終回のゲストは、陶のシリーズ作品「そこに在るもの」で知られ、国内外で活躍されているアーティスト・尹煕倉(ユン・ヒチャン)さんです。

大切なことは、特別なことよりも、むしろありふれたことの中にある気がしています。作品からの一方向の主張でなく、観る人の意識に応じて、作品が語りかけた り、時には黙したりしても良いと思うのです。 「在ること」と「無いこと」の往還。かえってその方が、人の意識の深いところと繋がることができると思うからです。
―― 尹煕倉(ユン・ヒチャン)

シリーズ最終回である今回は、尹煕倉さんと、彼の優れた理解者で展覧会などを手がけてきたアート・コーディネーター、森桜さんを交えた話し手3名による鼎談形式。
何気ない日常に田逸する深い共感に満ちた、尹さんの作品世界。それをたどりつつ、「日々の暮らし」の本質、「あたりまえの存在」の深さと豊かさ、そして「環境との関わり方」を考えていきます。

yun_chikyuken34.jpg
「何か」(正面)・「そこに在るもの」(左)
尹煕倉展(企画:森桜/「日月餅」新町店、2010)より
interior design by Yanagihara Teruhiro photo by Saito Sadamu

人と自然:環境思想セミナー
Vol.34 「最終回 エピローグ ― そこに在るもの」

《話し手》
尹煕倉(ユン・ヒチャン/美術家・多摩美術大学准教授)
森桜(アート・コーディネーター)
鞍田 崇(総合地球環境学研究所上級研究員)

日時:2010年9月24日(金) 15:00~17:00(14:00受付開始)
会場:総合地球科学研究所 講演室(〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457-4)
※参加無料・予約不要(定員120名)

■ 最終回特別企画も実施!
・ 特製和菓子「in situ」のご試食(無料配布・先着120名様限定)
最終回にちなみ、大阪の菓匠・日月餅による特別製作の和菓子「in situ」を無料配布。
銘の「in situ」は「本来の場所に」を表すラテ ン語。最終回の話し手三人の思いが込められています。

クロージング・パーティ(講演会終了後、17:30~19:30・会費:3,000円)※要予約
講演会の終了後、これまで登場した話し手の皆さんを交えた懇親会を開催。
参加ご希望の方は、[ご氏名・ご所属(ご職業)・人数]を明記し、お問い合わせ先までメールもしくはFAXにてお申し込みください。※申込締め切り:9月21日(火)

・このほかにも、質問やメッセージも受付中です!

話し手のプロフィールなどの詳細はこちら!

【アクセス】
■ 京都市営地下鉄烏丸線「国際会館」駅にて下車。
国際会館駅バスターミナル2番乗り場から
京都バス40番系統(「京都産業大学」行)もしくは50番系統(「市原」行)にて(約10分)「地球研前」下車、すぐ。
■ 叡山電鉄鞍馬線「京都精華大前」駅、または「二軒茶屋」駅にて下車、徒歩10分

※公共交通機関の利用をお願い致します。

【お問合せ】
総合地球科学研究所・里プロジェクト
環境思想セミナー企画担当:鞍田(kurata@chikyu.ac.jp
TEL:075-707-2382/FAX:075-707-2508
公式ホームページはこちら


↓ 続きで「人と自然・環境思想セミナー」についてご紹介しています!

四万十川カッパ造形大賞展

| トラックバック(0)
flyer_shimantokappa.jpg四万十川カッパ造形大賞」は、「海洋堂ホビー館」(2011年4月開館予定)の館長・宮脇修氏をプロジェクトリーダーとする、カッパの「フィギュア」コンテスト。2009年の第1回公募から非常にレベルの高い作品が多数寄せられており、すでに関係者には高い注目を集めています。古来、身近な存在として、様々な形で語られてきたカッパ。形はもちろん、作品にこめられた物語・メッセージも各々異なる、約70種類のカッパたちに圧倒されてください!

展覧会の詳細はこちら
四万十川カッパ造形大賞展

開催場所についてはこちら
京都国際マンガミュージアム

yumomiji_kitamura2.jpg 宗入作 赤樂茶碗 歌銘『夕紅葉』

洋の東西を問わず、人間の感性には、秋が深まるほどに佗びしさが募るところがあります。しかし日本人はその侘しさ、儚さにこそ美を見出す独特の感性をもっています。今回の展覧会では、その「侘しさ」に感じる美意識を取り合わせの展示のなかに含め、企画しています。儚くも麗しい秋を感じさせる取り合わせをお楽しみ下さい。

展覧会の詳細はこちら
平成22年 秋季取合せ展 「秋佗ぶ」

開催場所についてはこちら
北村美術館


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗