1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【京都宝物館探訪記】第3弾・藤森神社 編 連載開始!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【京都宝物館探訪記】第3弾・藤森神社 編 連載開始!

| トラックバック(0)
gaikan_hujinomori1.jpg神社やお寺の宝物にスポットをあててご紹介している「京都宝物館探訪記」。
第一弾・豊国神社、第二弾・智積院に続く第三弾は、藤森神社をご紹介します!

藤森神社は、伏見稲荷からもう少し南へいったあたり、深草地区にある神社。
実は京都にみやこ=平安京ができるよりも前からある神社なんです!
実際、平安京に遷都する際に、当時の桓武天皇がここに立ち寄って「無事に遷都が済みますように!」と祈願をしたという記録もあるとか。

戦いの神様を多く祀っているため、昔から勝負事や武運に御利益がある神社とされています。
そのせいでしょうか、毎年5月に行われるお祭り(藤森祭)には、甲冑を着込んだ武者行列が出てきたり、武士のたしなみ・馬術を披露する駈馬神事が行われるなど、とても勇壮です。
最近では、紫陽花の名所としても有名です。

今回は主に歴史やこのお祭りについてご紹介しているのですが、古い神社であるために、本当に昔の記録は殆どないので、資料によって微妙に記載が違っていることもあるそうです。
伏見稲荷の近所にあることにも事情があり、昔は伏見稲荷の土地も藤森神社の土地の範囲内だったとのこと。実際、今も藤森神社でお祭りの中心となる氏子さんは、伏見稲荷周辺に住んでいる人が多いそうですよ。

また、伏見と言えば幕末史がやはり欠かせません。
藤森神社の関連では、新撰組の近藤勇が、持病の腰痛がひどくて、この神社に通うと治ると聞いて御参りに来ていたというエピソードが残っています。
また、「鳥羽伏見の戦い」もちょうどここの近くで行われていたとか。

宝物館も神社の個性がよく出ている、ユニークな展示内容になっていました。
これはまた次回以降で、ご紹介していきます。
どうぞお楽しみに!
DSC_8142.JPG

因みに、取材に行った日は非常に暑い日だったのですが...面白いことに灯篭の中で猫が休んでいました。
この近辺に詳しいスタッフの一人に聞いたところ、猫がよく集まってきている場所だそうです...


関連リンク

京都宝物館探訪記 藤森神社
京都宝物館探訪記 トップページ

↓ 幕末・伏見といえばこちらもチェック!
ミュージアム・京都の歩き方 「幕末そぞろ歩き」坂本龍馬編《伏見・東山》

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗