1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年8月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年8月アーカイブ

flyer_dairyoma3.jpg大河ドラマでも注目の集まる、坂本龍馬と幕末の時代を取り上げた年間特別展「大龍馬展」の第3期。今回は龍馬の後半生にスポットを当て、「薩長同盟」「船中八策と大政奉還」、そして「龍馬の殉難」を中心に、6つのコーナーでその偉業に迫ります。展示資料は山内容堂の書のほか、徳川慶喜、松平春嶽による漢詩など、初公開資料を含めて約100点。

展覧会の詳細はこちら
2010年 年間特別展大龍馬展 第3期「時代(とき)・拓(ひら)く」

開催場所についてはこちら
幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

町と町を繋ぐ道。そこにはその地域が辿ってきた歴史が刻まれています。
大山崎町歴史資料館では、そんな道のひとつである「西国街道」をテーマにした連続講演会が、8月28日の第1回目を皮切りに計3回の日程で開催されます。

■ 西国街道とは?
西国街道とは、京都から淀川右岸を通って、山陽道につながるルートです。
西日本の幹線路として古代の頃から重視されてきたこの道は、同時に様々な歴史の舞台にもなってきました。
例えば、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀と中国(備中高松)からとってかえした豊臣(羽柴)秀吉が激突した「山崎の合戦」で、戦いの始まりとなった場所も西国街道でした。

そんな道の歴史、往来する人々の関わりを、月一回、計三回の講演会で解説します。

西国街道は、丁度大山崎町歴史資料館の前、阪急電車の線路沿いに伸びています。
実は結構身近なところに歴史的なスポットがあったりするのが、京都の面白いところ。
お話を聞いてから道を歩いてみると、ちょっと景色が違って見えてくるかもしれませんよ?

連続講演会「西国街道の歴史」

1)8月28日(土)「京・山崎を往来する人々-古代の道」
講師:田中 聡氏(立命館大学非常勤講師)

2)9月4日(土)「参詣道としての西国街道」
講師:西本 幸嗣氏(高槻市立しろあと歴史館学芸員)

3)10月11日(月)「幕末期の西国街道と近代」
講師:福島 克彦氏(大山崎町歴史資料館学芸員)

会場:大山崎町ふるさとセンター 3階ホール
※大山崎町歴史資料館と同じ建物内です
時間:各日13:30~15:30
※聴講無料、事前申し込み不要です

《会場・お問合せ》
大山崎町歴史資料館
flyer_denshimusic.jpg縁側。蚊取り線香の匂い。祭り囃子を遠くに聞きながら、茶を飲みつつ浴衣で夕涼み。
そんな伝統的な京都の夏に、清廉な電子音楽を加えたらどうなるでしょうか?

「electronic evening 2010 電子音楽の夕べ」は、東京・吉祥寺と京都を拠点に「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル「涼音堂茶舗」です。
が2003年から継続して開催しているイベント。
「日本の総合芸術」ともいわれる茶道と、映像・空間・香・音楽といった多くの分野がコラボレートし、唯一無二の空間を体験することができます。

今年2010年の「電子音楽の夕べ」は初座・後座に別れた2Daysのイベント。
場所は何と初座は哲学の道近くにあるお寺・法然院、そして後座は観て・食べて・泊れるギャラリー、Printz!
それぞれの詳細は以下の通りです。

■初座 御茶席『涼音の席』
『電子音楽の夕べ』の原点に戻り、ライヴを聴きながら夏の終わりをゆったりまったり味わうための一席。東京食堂、OTOGRAPHの映像と灯道家・粟倉久達のあかりのなかでまったり涼んでお楽しみください。
今年も京菓子のあずき処 宝泉堂、京都のインセンスショップ・リスンとコラボレート。
『電子音楽の夕べ』のために、涼音堂の電子音楽のイメージで宝泉堂の古田智史氏がオリジナルの和菓子を創作。電子の夕涼み空間を京都のインセンスショップ リスンが香りで演出します。

■後座 electronic evening
アフターパーティ的位置づけの後座day2は、北白川のギャラリー・レストラン・ホテル・BOOKSHOP等の複合施設「prinz」にて開催。
rimaconaをゲストに、オトグラフ、エレクトロニカ・ファンクネスPsysExと、京都エレクトロニックシーンの要をなすアーティストが集結します。
いろのみの磯部優+Coupieのyukkiによるスペシャルユニットはじめ出演者によるセッションタイムもあるかも。

しかも、両日とも浴衣での来場には特典あり!(初座は「おみや」つき、後座は入場料が割引)
夏の終わりに心身共にどっぷりと浸る電子音楽の夕べ。
古来よりの京都の風情と、現代の京都を結ぶ、なんとも「粋」なイベントではないでしょうか。


electronic evening 2010 電子音楽の夕べ

二日共通チケット限定発売! :4,000円
チケットぴあ (0570-02-9999/0570-02-9966、Pコード:782-723)



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗