1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 京都ミュージアム紀行。vol.3 「駒井家住宅」 第1回 「日本のダーウィン」が愛した家 公開!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

京都ミュージアム紀行。vol.3 「駒井家住宅」 第1回 「日本のダーウィン」が愛した家 公開!

| トラックバック(0)
DSC_8004.JPG京都のミュージアム施設をピックアップしてご紹介する、「京都ミュージアム紀行。」
久々の更新となりましたが、今回第三回を公開しました!

今回ご紹介するのは、左京区・北白川地区にある「駒井家住宅」。
琵琶湖疏水の北白川分線沿いにある、緑の庭に囲まれたとても素敵な洋風建築です。

設計者は今でもファンが多い、明治~昭和に活躍したアメリカ出身の建築家・W.M.ヴォーリズ。
関西学院大学のキャンパスや、近江八幡の近代建築群(ヴォーリズ自身の自宅も含む)などでよく知られていますね。
京都では平安女学院や四条大橋横の東華菜館などが有名です。
(東華菜館といえば、「手回しエレベーター」でも有名ですよね。今もやってくれるみたいです)
因みに、日本では1600件ぐらい手がけていたそうな...すごい。
関西を中心に活動していたので残っている建物も関西圏が多いそうです。

「駒井家住宅」はそんなヴォーリズの作品のなかでも、住宅として特に評価が高い建物。
洋館なのに周囲に本当によく馴染んでいるのはまさにお見事の一言です。
その分住宅街の中ではちょっと見つけにくいかもしれませんが、それだけこの街の一部になっているともいえますね。

取材した日は生憎の雨だったのですが、かえってお庭の緑が鮮やかで、草花に囲まれた家は絵本の一場面のように見えました。
もう少し早い時期に来ていたら、テラスで満開の藤棚を見られたかも...そこは少し残念でした;

次回は建物の内部、そして家主の「日本のダーウィン」こと駒井卓先生と静江夫人についてご紹介する予定です。
とにかく内部もこだわりが満載。ヴォーリズと駒井夫妻の「こだわりバトル(?)」が垣間見られる場所もありました。
どうぞお楽しみに!


京都ミュージアム紀行 Vol.3 「駒井家住宅」編 第1回はこちら!


トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗