1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 連載コラム「京遊×橋本関雪記念館 白沙村荘の庭から」第六回更新!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

連載コラム「京遊×橋本関雪記念館 白沙村荘の庭から」第六回更新!

| トラックバック(0)
hashimoto6.jpg白沙村荘・橋本関雪記念館の副館長、橋本眞次さんによる徒然連載コラム「白沙村荘の庭から」。第6回目となる今回は、タイムリーな話題。
8月16日に行われる「大文字の送り火」こと「京都五山送り火」を中心に、京都のお祭について語って頂いています。

あ、よく「大文字焼き」と言われていたりしますが、これは間違いです!
京都では「五山送り火」といいます。親しみをこめて「大文字さん」(山の名前+さん付け)と呼ばれることもあります。
「大文字焼き」とは京都ではまず呼ばれませんのでご注意下さいね。
ここは是非正しい呼び方「五山送り火」でお願いします。

京都には沢山のお祭がありますが、昔からそれが続いてきたのはそれだけ地域の人々の繋がりがあったが故。
お隣に誰が住んでいるかもわからなくなっていたりする昨今ですが、家族や同じ地域に暮らす人とのコミュニケーションの大切さを、お祭は思い出させてくれるのかもしれませんね。

今回取り上げられている「五山送り火」は、祇園祭に並ぶ京都の夏の風物詩。
「祇園祭で夏が始まり、五山送り火で夏が終わる」という人も京都にはいます。
季節の移り変わりを告げる、夜空に浮かぶ炎のアート。とも言えるかもしれません。

コラムにも登場する、銀閣寺近く・東山如意ヶ嶽の「大文字」の他、松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近・大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」があります。
他にも昔は
「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に鈴」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺村)などもあったそうですが、現在は失われてしまっています。

コラムではちょっとした耳寄り情報も教えて頂いているので、是非ご覧下さい!
「京遊×橋本関雪記念館 白沙村荘の庭から 第六回」はこちら!

因みに、火を焚くときに使う願掛けの護摩木は
大体16日当日のお昼過ぎ(14:00か15:00ごろ)まで受付されている
(「妙・法」以外)ので、お近くに行かれる方は参加されてみては如何でしょうか。


関連リンク

連載コラム「
京遊×橋本関雪記念館 白沙村荘の庭から 第六回」

京都市観光協会「五山送り火」ページ(アクセス・護摩木受付場所も掲載されています)
京都市五山送り火連合会(各山の由来や特徴が掲載されています)
大文字・五山送り火/京都新聞(送り火の様子が動画で見られます)

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗