1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年7月アーカイブ

「京都で遊ぼうART」のスタッフが、行ってきた展覧会やイベントをレポート! 今回は一足早く行って来ました、こちらの展覧会を速報です!去年はルーヴル、今年は...

「ボストン美術館展-西洋絵画の巨匠たち-」 @京都市美術館
(2010/07/06-08/29)

ということで、今回ありがたいことにプレス向けの内覧会にいけることになったので、1日だけ早く展覧会を覗いてきました。残念ながらスケジュールの都合上あまりじっくりと見ることは出来なかったのですが、展示室の様子をざっとご紹介したいと思います。
既に行くつもり、という方も、どうしようか迷っている、という方もご参考に!

実は日本とゆかりが深い「ボストン美術館」。

repo-boston01.jpgまず記者会見では、美術館の館長さんや企画を担当した学芸員さんから、ボストン美術館や展覧会についてのお話をお聞きしました。

ボストン美術館は、1870年に開館したアメリカでは一番古い美術館です。アメリカの美術館といえばメトロポリタン美術館も有名ですが、こちらも同じ年に開館しています。

ボストン美術館の特徴は、他のアメリカの施設にもいえますが「市民が作った施設」ということ。
王侯貴族がいなかったアメリカでは、公に頼らず、市民達が自分達のものを寄付したり、お金を出したりして集めたコレクションが主流なのだそうです。(現在も寄付と入場料・グッズ販売収益で運営)京都も町の人たちがお金を出し合って建てた番組小学校があったりしますが、それにも通じるものを感じます。
また、先日まで奈良国立博物館で開催されていた「大遣唐使展」に展示されていた「吉備大臣入唐絵巻」もボストン美術館の所蔵品ですし、明治時代には岡倉天心が東洋美術部門の管理顧問になっていたのだとか。実は結構日本と縁の深い美術館なんですね

テーマ別の構成で、「比べて見る」が楽しめます。

repo-boston02.jpg


repo-boston04.jpg
今回の展覧会は全体を主題別に8章に分けた構成。主題別なので、宗教画、肖像画、風景画...といったように、同じ系統のモチーフやテーマの作品ごとに各部屋が分かれています。なので、時系列順になっていないところが面白いところ。古い時代も新しい時代も、同じ部屋に一緒に置かれています。

例えば印象派のマネ(19世紀)の描いた肖像画の隣に、ベラスケス(17世紀)の描いた絵が置かれている、という感じ。同じ主題でも時代や作家による描き方の変化がとてもわかりやすくなっています。
それぞれの違いや個性を見比べながらみると、より楽しめるのではないでしょうか。

この点でのスタッフSのお勧めは肖像画の部屋のピカソ。レンブラントなどの他の肖像画を見た後に目にすると、その異質さが寄りいっそう際立って見えた気がしました。(明らかに周りの空気が違っていたような...;;)




bakumatsu2.jpg京都で遊ぼうARTをご覧の幕末好き、大河ドラマファンの皆様、お待たせしました!
展覧会と一緒に関連スポット巡りが楽しめる、京都の歩き方シリーズ「幕末そぞろ旅」。
坂本龍馬編の第二弾「河原町周辺」を公開です!

前回は主に東山や伏見周辺を中心にご紹介しましたが、今回は京都の中心部、四条河原町周辺にスポットを当てました。
ちょうど大河ドラマ特別展「龍馬伝」を開催中の京都文化博物館からも足を伸ばしやすいエリアです。
(展覧会チケットプレゼントでのアンケートでも、周辺の歴史スポットが知りたい!というご意見を多数頂きました。是非ご活用下さい)

現在は京都随一の繁華街として、デパートや商店街、飲食店が軒を連ねているこのエリア。坂本龍馬が生きた幕末の頃は志士達も数多く集まる場所でもありました。
大河ドラマでも活躍している土佐勤王党を率いた武市半平太が京都滞在中に暮らしていたのもこの近辺。龍馬の盟友・中岡慎太郎の家もこのあたりでした。龍馬の旧友のひとり・岡田以蔵が人斬りをしてしまった現場もすぐ近くにあります。
そして、龍馬と慎太郎が命を落としてしまう近江屋も...

今ではすっかりショッピングエリアとなっていますが、彼らが確かに過ごしていた場所。歩いて廻ってもさほど時間もかからない距離ですので、展覧会と併せて、是非自分の足でも歩いてみては如何でしょうか?

なお、幕末の史跡スポットに関しては「龍馬伝」展の特集ページ内でも少しご紹介してますので、そちらも是非ご覧下さい。

関連リンク

■京都の歩き方「幕末そぞろ旅」
 坂本龍馬編 第一回 東山・伏見
 坂本龍馬編 第二回 河原町周辺

■注目の展覧会
 坂本龍馬の生涯を辿る 特別展「龍馬伝」(特集ページ)

■関連展覧会
大河ドラマ特別展「龍馬伝」(京都文化博物館)
年間特別展「大龍馬展」第二期「翔る!龍馬」(霊山歴史館)

flyer_kyotomm-figure2.JPG 江口寿史《ドグちゃん》(「古代少女ドグちゃん」より)
© 古代少女制作委員会

今や世界のアートシーンでも高評価を受けている、日本のフィギュア文化。しかしフィギュアを作り愛でる文化は、現代に突如現れたものではありません。遡れば太古の土偶や埴輪、こけし、「ガンプラ」も皆、現在のフィギュアにつながる人形文化の中にあります。
この展覧会では日本の<人形>文化の歴史を紹介し、現代フィギュア文化の代名詞・海洋堂のフィギュア作品を一堂に集めた新しい<フィギュア>展です。
国際評価も高い海洋堂の原型師・BOMEさんとポップアーティスト・村上隆さんの豪華対談などのイベントも!

展覧会の詳細はこちら
フィギュアの系譜―土偶から海洋堂まで

開催場所の詳細はこちら
京都国際マンガミュージアム


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗