1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年7月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年7月アーカイブ

42779532.v1278934940.jpg本日曳き初めを行った菊水鉾。こんなに間近で見られました!
中心部・四条通にも巨大な鉾の姿が並ぶようになり、提灯の灯りもともされるようになった様子。いよいよ目に見えて京都の町は祇園祭モードになってきました!

今日は四条通・室町通の鉾(長刀鉾、月鉾、函谷鉾、菊水鉾、鶏鉾)が「曳き初め」を開催。あっという間に道が人で溢れ、道路を堂々と進む大迫力の鉾の姿に、歓声も上がっていました。
この「曳き初め」は完成した山鉾の試し曳きのことなのですが、実際に囃子方の人が乗った鉾を、一般の人も男女年齢関係なく曳くことができるんです!
まさに町衆の気分を誰でも味わえてしまう参加型イベントです。
(また、曳き初めに参加すると無病息災になるとか、厄払い的な意味もあるようです)



祇園祭の曳き初めをライブ中継!(配信アドレス決定!)

さて、先日も告知しておりましたが、そんな曳き初めの様子を、
京都で遊ぼうARTがUSTREAMにて生中継します!!!
整然と並んで進んでいく巡行とはまた一味違った、祭りに盛り上がる京都の町の様子をライブでお届け。これで京都に行けない...という方も祇園祭の雰囲気や気分を味わってみて下さい!
もちろん、それで行きたくなったという方は是非、足を伸ばしてみて下さいね!まだまだ祇園祭はイベントが盛りだくさんです!

《祇園祭ライブ中継の詳細はこちら!》
●日時:2010年7月13日(火)15:00ごろ~
●場所:八幡山町周辺(京都市中京区新町通三条下る)
●ご協力:(財)八幡山保存会
※時間は多少前後する場合がございます。
※天候など、状況によりやむを得ず中止となる場合がございます。予めご了承下さい。


配信場所はこちら!
http://www.ustream.tv/channel/kyotodeasobo-art

山鉾マップ追加しました!

「祇園祭特集ページ」に、各山鉾の位置がわかるマップを追加しました!
それぞれの山鉾の由来や、「京都で遊ぼうART」らしく、是非見ておきたい懸装品の鑑賞ポイントなどの細かい情報もご紹介しています。
粽販売や会所の公開時期なども掲載しておりますので、山鉾めぐりの下調べにもご活用下さい。

屏風祭をいち早くレポート!

祇園祭のもう一つの楽しみ、「屏風祭」。街中の旧家などがそのまま美術館化してしまうという、京都ならではの贅沢な「街中ミュージアム」です。
今回、「京都で遊ぼうART」でもご紹介している「杉本家住宅」さんの屏風祭りに、一足はやくお邪魔してきました!
明日、速報レポートをご紹介する予定です。是非お楽しみに!

リンク

京都で遊ぼう1周年・特別企画 「祇園祭 GION-MATSURI 〜京都の街中がミュージアム!〜」

flyer_tsurutaro2010.jpg役者にして画家、一方で陶芸や染色にも多彩な才能を発揮する片岡鶴太郎。
40歳を機に本格的に画業に取り組み、1995年には初めての個展「とんぼのように」を開催し話題となりました。
京都では3年ぶりとなる今回の展覧会では、今年画業15周年を迎え、より一層の制作意欲に満ちた片岡鶴太郎の最新作、絵画、着物、屏風、陶器など、約100点をご紹介します。

展覧会の詳細はこちら
画業15周年記念 片岡鶴太郎展

開催場所についてはこちら
美術館「えき」KYOTO
flyer_collection2010-2.jpg毎回ユニークな切り口での展示に定評のある、京都市美術館コレクション展。
 2010年度の第2期のタイトルは「京の閨秀・女流・女性画家‐担ったもの/担わされたもの」です。

女性の画家たちは時代の中で、閨秀画家、女流画家、そして女性画家と呼ばれてきました。
今回の京都市美術館コレクション展では、近代から現代までの京都における女性画家―上村松園、伊藤小坡、小松華影、秋野不矩、大日躬世子、由里本景子、三谷十糸子、広田多津、北沢映月、田代正子など約80点の作品を展示。社会において女性画家が担い、担わされた役割を考えます。

展覧会の詳細はこちら
京都市美術館コレクション展 第2期 「京の閨秀・女流・女性画家‐担ったもの/担わされたもの」

開催場所についてはこちら
京都市美術館


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗