1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 【祇園祭特集】祇園祭のクライマックス!山鉾巡行と神幸祭を見よう!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

【祇園祭特集】祇園祭のクライマックス!山鉾巡行と神幸祭を見よう!

| トラックバック(0)

まさに「動く美術館」のパレード・山鉾巡行を見る!

P1000355.JPG
山鉾巡行ルート
いよいよ7月17日は祇園祭のクライマックス・山鉾巡行の日!
各山鉾町から出発した豪華絢爛な山鉾が、お囃子の音と共に京都の街を練り歩きます。
宵山期間中は会所に飾られていた懸装品が取り付けられた山鉾は、まさに「動く美術館」と化します。また、今回は祇園祭がユネスコの世界文化遺産に登録されて、初めての巡行となるそうです。

大まかなスケジュールとしては、9:00ごろに四条烏丸の交差点を出発し、途中で「くじ改め」(巡行の順番を決めるくじを確認する)を行い、河原町通を北上、御池通、新町通へと進んでいきます。

巨大な山鉾が方向転換する「辻回し」は、四条河原町(高島屋前)、河原町御池(京都市役所前)、そして新町御池で計3回行われます。

→巡行ルートはこちら!(2010年7月17日京都新聞)

巡行の順番は、祇園祭特集ページの「山鉾マップ」にも掲載していますので、そちらもご覧下さい!

「巡行を見たいけれど、その場までは行けないなぁ...」という方は、今年からはUSTREAMでも生中継があります!
これなら、全国どこからでも山鉾見物ができちゃいますね。是非ご活用下さい!

【山鉾巡行UST中継が行われるのはこちら!】
御池通(10:30ごろ~)
新町通(11:30ごろ~/KBS京都)


★山鉾の解体も面白い!
山鉾巡行はほぼ午前中一杯で終了。その後、各山鉾町に戻った山鉾は、すぐに、もしくは翌日には解体されてしまいます。
山鉾巡行には、元々街の厄や穢れ(けがれ)を集めるためという役割があるので、集めた厄を留めないようにすぐに解体を行うのです。
解体は早いところは巡行後すぐ、13:00~14:00ごろから始まるところが多いようです。(場所によっては18日、それ以降も有り)
せっかく作ったのにちょっと残念...ですが、この儚さも一種の魅力。ちょっと見に行ってみるのもいいかもしれません。



祇園祭のもう一つ主役、神輿を見る!

派手な山鉾の方がクローズアップされがちですが、本来は神様が乗り込む神輿の方が祭りの主役!
主に、神様を神社から街にお迎えする神幸祭(じんこうさい)、神様を神社へお送りする還幸祭(かんこうさい)の二つが軸となっており、このときには夕方~夜、街中を勇壮に練り歩く神輿の行列を見ることが出来ます。
こちらはいわゆる「暴れ神輿」でとにかく荒々しくてエネルギッシュ。
担ぎ手の若衆たちの誇りとパワーがみなぎる、京都の別の顔を見ることができるはずです。

■神幸祭:17日の18時頃~。
事前に八坂神社で神事を行ったあと、神社正面の石段下を出発。三基の神輿が四条の御旅所まで担がれます(この後、御旅所に神輿は7日間鎮座します)

■還幸祭:24日の17時頃~。
四条御旅所を神輿が出発し、市中を巡って三条御供社(三条会商店街の中)で祭典を行います。
その後八坂神社へ22時~23時に戻ってきます。

リンク

京都で遊ぼう1周年・特別企 画 「祇園祭 GION-MATSURI 〜京都の街中がミュージアム!〜」


トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗