1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 木工デザイナー三谷龍二さんの講演会「暮らしに寄り添う」(2010年7月21日)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

木工デザイナー三谷龍二さんの講演会「暮らしに寄り添う」(2010年7月21日)

| トラックバック(0)
ryuji-mitani.jpg毎回様々なジャンルで、新しいまなざしをもって自然からの触発を受けて活躍されている方々からお話を伺う「人と自然:環境思想セミナー」
今回の講師は、木工デザイナーの三谷龍二さんです。

ものを作るということは、作家がものを作るというだけではないと思います。もっと広く、人間のもっと本能的な部分につながっているのではないでしょうか。
素材に触れるよろこびや、ものが自分の手から生まれるよろこびは、ものを使うよろこびと同じ質のものだから、こんなに複雑な社会のなかで、もっと単純に人が生きていけるということや、手間をかけて暮らすことの気持ちよさ、頭だけでなく手を動かすことの大切さを伝えることも、もの作りの仕事といってもいいと思います。
もっと単純な仕方で、僕たちは生きていける。どこか遠くへ行かなくても、ここにいて豊かな世界に触れることできる。どれもみな、ものを作ることにつながっていることだと思うのです。

―― 三谷龍二 「手とこころの関係」より

エコブームにあわせて、日々の暮らしへとまなざしを向ける人がふえてきています。
しかしそれは、「環境にやさしい暮らし」「丁寧な暮らし」、そんな作られた「暮らし」のイメージを追いかけているだけ...になってはいないでしょうか。

少し穿った見方をすれば、日々の暮らし―自分にとっていちばん近くの「ここ」がどこのことなのか、ともすると、見誤ってしまう人が多いような気がします。
「ものづくり」というフレーズにも、同じような危うさが潜んでいるかもしれません。
それでもやはり、「ものを作る」ということには、私たちをもう一度しっかりと暮らしに接続する何かが、こんな時代だからこそ今一度立ちどまってよく考える手がかりが、潜んでいるのではないでしょうか。

今回のテーマは、そんな「もの作り的思考」のすすめ。三谷さんと共に、現代の「暮らしに寄り添う」もの作りについて考えます。


人と自然:環境思想セミナー
Vol.32 「暮らしに寄り添う」

話し手:三谷 龍二(木工デザイナー)
聞き手:鞍田 崇(総合地球環境学研究所上級研究員)
日時:2010年7月21日(水) 15:00~17:00(14:00受付開始)
会場:総合地球科学研究所 講演室(〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457-4)
※参加無料・予約不要(定員120名)

【アクセス】
■ JR「京都」駅、近鉄「京都」駅、阪急「烏丸」駅より
京都市営地下鉄烏丸線「国際会館」行に乗り換え、「国際会館」駅にて下車。
国際会館駅バスターミナル2番乗り場から
京都バス40番系統(「京都産業大学」行)もしくは50番系統(「市原」行)にて(約10分)「地球研前」下車、すぐ。
■ 京阪「出町柳」駅より
叡山電鉄鞍馬線に乗り換え、「京都精華大前」駅、または「二軒茶屋」駅にて下車、徒歩10分

※自家用車でのお越しはご遠慮下さい。公共交通機関の利用をお願い致します。

【お問合せ】
総合地球科学研究所・里プロジェクト
環境思想セミナー企画担当:鞍田(kurata@chikyu.ac.jp
TEL:075-707-2382/FAX:075-707-2508
公式ホームページはこちら

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗