1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 京都アートフェスタ2010「artDive#02」(2010/5/29-30)直前下調べ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

京都アートフェスタ2010「artDive#02」(2010/5/29-30)直前下調べ

| トラックバック(0)
artdiveinfo2.jpg京都で遊ぼうARTも告知協力をさせて頂いております、「京都アートフェスタ2010 artDive#02」。いよいよ、開催が明日に迫ってまいりました!

京都で遊ぼうARTのスタッフも、当日はイベントの様子を取材に伺う予定でいるのですが、ここでartDive#02がどんなイベントなのか、予習復習も兼ねて改めてチェックしておくことにしました。
「もちろん行きます!」という方も、「気になっているけれど、迷っている...」という方も、ひとまず参考にしていただければと思います。


京都からFRESH ARTを世界に!
「KYOTO ART FESTA 2010 "art Dive #02"」


京都で開催される、若手クリエイターのためのアートフェスタ:artDive[アートダイブ] 京都アートフェスタ2010「artDive」は新進気鋭の若手アーティスト・クリエイターによる京都発・屋内型アートフェスタ。
全国から京都に集まった若手アーティストたちが、自らの作品をそれぞれの個別ブースにて自由に展示・発表・販売します。
前回2009年12月に開催された第一回に引き続き、今回は第二回の開催となります。
第一回の様子はこちらでご紹介してます!

今回も会場となるのは「京都のアートのメッカ」、岡崎公園のみやこめっせ。
絵画やイラスト、写真などの平面作品から立体作品や映像・アニメーション、ファッションやアクセサリー・手芸品まで、多彩なジャンルのアートとアーティストが集合します!

若いアーティストさんにとっては、自分の作品を直接多くの人(それも普段接点が無いような年代の人まで)に見てもらい、感想をもらうことが出来る機会。
見る人にとっては、初心者さんからフリークまで、誰でもかしこまらず気軽に最先端の「生」のアートに親しめる機会になっています。
実はギャラリー以外でこうしたアーティストと見る人が直接交流できるアートフェスタは、関西ではまだまだ開催数が多くないのが実情。その点でもとても貴重な機会でもあります。

また、気に入ったものを購入してお持ち帰りできるのも大事なポイント。
ポスターやハガキ、シール、アクセサリーなど誰でも気軽にお持ち帰りに挑戦できるものも沢山扱われています。
ちょっと作品を買うのは「敷居が高そう...」と思って尻込みしてしまいそうですが、これなら初心者さんでも大丈夫!もちろん、本格的な原画やオブジェなどの作品も販売されていますよ。
見るだけでも、それ以上でも。展覧会とはまた違ったアートの楽しみ方ができるイベントです。


鑑賞だけじゃない、「生」のアートと触れ合える4つのエリア。

今回のartDiveは、主に4つのエリアで構成されています。
どれも、「生」でアートと触れ合えるものばかり!どこから回るか、迷ってしまいそう...

フリーブースエリア
仕切りが無いブースのエリア。机や棚などで自由に作品が展示されています。気になる作品があったら、気軽に手に取ったり、アーティストさんに声をかけてみて下さい。

ギャラリーブースエリア
各ブースが壁で仕切られているエリア。展示だけでなく、壁に作品を展示したり、はたまた直接絵を描いたりと、それぞれのアーティストの個性たっぷりの「出張ギャラリー」空間が出現します。

こちらの二つのエリアでは、展示されている作品の鑑賞は勿論、実際に気に入ったものを購入することも出来ます。また、アーティストさんがブースには大体詰めていらっしゃるので、直接交流することもできますよ。

ライブペイントエリア
15mもの大きな壁面に、アーティストがその場で絵を描いていきます!実際に絵が出来上がっていく様子を「生」で見ることが出来る、まさにアートフェスタならではのエリアです。2日間かけての制作なので、見るたびに作品の様子は変化しているのも魅力です。

出展アーティストさんはこちらをチェック!

パフォーマンスエリア
第一回の開催時も会場内でライブパフォーマンスが行われていましたが、それが今回ひとつのエリアとしてパワーアップ!トークショーから音楽ライブ、ダンスなど、多彩なパフォーマンスが行われます。ARTファンはもちろん、MUSICファンも必見!
姉妹サイト・京都で遊ぼうMUSICでもご紹介してます!
詳しい当日のプログラムはこちらをチェック!


そして嬉しいことに、このイベントはこれだけの内容でなんと入場無料なんです!贅沢!
週末は特に予定が無いなぁ...という方も、折角なのでみやこめっせまでお出かけして、「週末はアートしてきました!」と自慢してみる...というのは如何でしょう?

アートの街・京都から現代に羽ばたく「お気に入り」アートとの出会いを、是非探しに行ってみて下さい!

なお、京都で遊ぼうARTも、当日取材にお伺いする予定です。
もし見かけた方は声をかけてみて下さいね^^
レポートも後日、アップする予定です!


リンク

artDive#02のアクセス・イベント概要はこちら!
京都アートフェスタ2010 artDive#02 公式ホームページ
→京都で遊ぼうARTでは、応援メッセージを掲載させて頂いております!
2009年12月のartDive#01イベントレポートはこちら!

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗