1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 注目の展覧会・特別展覧会「長谷川等伯」(京都国立博物館)特集記事コーナー、更新しました!

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

注目の展覧会・特別展覧会「長谷川等伯」(京都国立博物館)特集記事コーナー、更新しました!

| トラックバック(0)
touhaku.JPG2010年注目の展覧会:没後400年 特別展覧会「長谷川等伯」(京都国立博物館)
(2010/04/10~2010/05/09)

4月10日から連日大盛況の、没後400年 特別展覧会「長谷川等伯」。

「京都で遊ぼうART」でも随時会場の状況や関連情報をご紹介しています。
今回は展覧会の予習・復習にぴったりの、特集記事コーナーを更新しました!

「展示品と共に辿る長谷川等伯物語」

【最終話】鎮魂と祈りと、夢の果て

この特集記事では主な展示作品や見どころを、長谷川等伯の生涯を追いながらご紹介しています。
ラストとなる第4回目は、栄光と不運の中で絵筆を執る、息子・久蔵を亡くした後の等伯にスポットを当てました。
国宝『松林図屏風』(東京国立博物館)や重文『仏涅槃図』(京都・本法寺)といった作品紹介と共に、悲しみを絵筆に込めた等伯のエピソードや晩年、その後の長谷川派についてのお話をご紹介しています。

様々なエピソードに彩られた、波乱万丈の等伯の生涯。
展覧会で作品をご覧になる際も、その作品の裏にある物語を知っていたほうがより楽しめるのではないでしょうか。
ぜひ、これから展覧会をご覧になる予定の方は予習に、もうご覧になった方は復習に、ご活用下さい♪

《前の更新分はこちらからどうぞ!》
2010年注目の展覧会:没後400年 特別展覧会「長谷川等伯」トップページ

★「展示品と共に辿る長谷川等伯物語」
■ 【前期】能登の絵仏師、京都へ

等伯が故郷・能登から京都へ向かうまでの時代をピックアップ。まだ等伯ではなく「信春」と名乗っていた頃の、故郷で描いた作品や京都に出た際の記念すべき初仕事となった作品、その鑑賞ポイントなどを交えてご紹介しています。

 

■ 【中期】いざ、狩野派の牙城へ。絵筆一本の戦い

京都上洛後、本格的に等伯が京都の画壇デビューを飾るころの時代をピックアップ。等伯の京都デビューを後押しした千利休との出会い、そして一世一代の大博打となった大徳寺の『三玄院襖』の話など、エピソードと作品を交えてご紹介します。


■ 【後期】最大の好敵手・狩野永徳との対決

等伯と最大のライバル・永徳の直接対決のエピソードを中心にご紹介。
また、等伯の人生最大の大仕事のひとつ・展覧会のチラシでお馴染みの『楓図壁貼付』(智積院蔵)についてもご紹介しています。

 

「長谷川等伯」展の基本情報ページはこちら!

 

★開館時間延長のお知らせ

4/29(木・祝)~5/9(日)の期間中、開館時間を1時間延長し、午後7時まで開館します。(入館は午後6時30分まで)
※この期間中の金曜日は、通常の夜間開館を行っておりますので、午後8時まで開館します。(入館は午後7時30分まで)

1時間延長されるので、逃していた方はぜひこの機会に足を運んでみてはいかかでしょうか!

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗