1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 特別展「長谷川等伯」(京都国立博物館)「展覧会と併せて見たい!周辺スポット編」

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

特別展「長谷川等伯」(京都国立博物館)「展覧会と併せて見たい!周辺スポット編」

| トラックバック(0)
「長谷川等伯」展といっしょに、ついでに京都の街を回ってみようかな、と思っていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
そこで、展覧会と併せて見ておきたい、周辺のスポット・観光情報などをちょっと集めてみました。
今回は、週末(4/10,11)に見ておきたいもの、また会場の京都国立博物館からすぐ行ける等伯関連スポットをピックアップ!

≪週末チェック!編≫
■ 京都御所 春の一般公開(~11日(日)まで)
普段は予め往復はがきや直接事務所に行って申し込みをしなければ中が見学できない京都御所。
こちらが現在、「春の一般公開」として、申し込みなしで入れるようになっており、建物や庭などを見て回ることができます。
因みに京都御所は、長谷川等伯と狩野永徳が「直接対決」した因縁の場所。
等伯が御所の建物のひとつ(仙洞御所・対屋)に障壁画を描くことを依頼された際、それに危機感を覚えた永徳が公家に働きかけ、その仕事を等伯から取り上げてしまったという話が伝わっています。
御所はまさに「天下一の仕事場」。その座を巡って争った等伯と永徳のライバル関係に思いを馳せながら、御所を眺めて見るのはいかがでしょうか。

公開期間は4月11日(日)まで。時間は9:00~15:30。
10:00、11:00からはイベントもあり、
10日(土)は雅楽の演奏、11日(日)は蹴鞠の実演が行われます。


≪会場周辺編≫
総本山智積院
京都国立博物館から東大路を少し北へ進んだところにある智積院。
「長谷川等伯」展のチラシにも使われている『楓図壁貼付』は元々この智積院の所蔵品です。
ここでは『楓図』と共に描かれた、等伯の息子・久蔵の『桜図』を見ることができます。
是非、父・等伯の作品とご一緒にチェックを!

拝観受付時間:9:00~16:00
公式ホームページはこちら→http://www.chisan.or.jp/sohonzan/index.html

jpアートnow!2010 at ハイアットリージェンシー京都
京都国立博物館の向かいにあるホテル・ハイアットリージェンシー京都で開催される現代アート展。
400年前に活躍した長谷川等伯のように、今を生きる人々の心に「沁みる」作品を、をコンセプトに、現在活躍中のアーティストによる色とりどりの作品が展示されます。
400年前の名品と併せて、「現代の等伯」を見つけに行ってみるのも面白いのでは?

京都ARTNEWSでもご紹介!詳しくはこちら!


没後400年特別展覧会「長谷川等伯」(京都国立博物館)についてはこちら!
展覧会の前に予習!「長谷川等伯」展特集ページはこちら!

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗