1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2010年2月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2010年2月アーカイブ

今週(2/15~19)の間に新たに追加した展覧会情報をまとめてご紹介します!
春も近づき、続々と新たな展覧会が始まる時期になって参りました。この季節らしいテーマのものもありますので、是非お見逃し無く!

美の異端児 魯山人を使う 展(何必館・京都現代美術館)
2010/02/14 ~ 2010/03/28
⇒NHK日曜美術館での北大路魯山人特集とのタイアップ展。21日(日)20:00から放送の番組とも併せて!

コレクション名品展「朝鮮の壺」(高麗美術館)
2010/02/20 ~ 2010/04/04
⇒高麗美術館のコレクションでも特に人気の「壺」特集。白磁はもちろん、ユーモラスで遊び心のある絵付けの作品もオススメ。デザインも素敵な朝鮮の家具類も必見です。

雅の意匠-かぐやの婚礼調度と雛道具-(細見美術館)
2010/02/20 ~ 2010/04/11
⇒春らしい「雛祭り」をイメージした、細見美術館とお隣の漆器の老舗・象彦さんとのコラボレーション展です。春らしい華やかな日本画作品に、繊細で豪華な蒔絵の名品がずらり!貴重な江戸時代のお雛様セットなど見逃せません。
⇒お隣の象彦さんでも貴重な蒔絵の下絵を展示する「象彦の意匠展1~春の図案・置目~」を開催中です!


アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 ~クリムト・ミュシャ・ロートレックなど~(美術館「えき」KYOTO)
2010/02/27 ~ 2010/03/28
⇒19世紀末、アール・ヌーヴォー時代のポスター作品が京都に集合!ミュシャやロートレックといった巨匠から、クリムトをはじめとしたウィーン分離派の斬新なポスターがずらりと勢揃いします。モダンでお洒落な当時の時代の香りとデザインを味わって。
チケットプレゼントも実施中!(~2/26)

美術館とギャラリーの違い

| トラックバック(0)

「美術館とギャラリーって何が違うの?」と疑問に思う人もいらっしゃいます。
確かに美術館とギャラリーの境界はあいまいで中間的な施設が多いのも事実です。
しかし一応の定義がありますのでここで解説したいと思います。

 

美術館

美術館とは、美術作品を中心とした文化遺産や現代の文化的な所産を収集・保存・展示し、またそれらの文化に関する教育・普及・研究を行なう施設です。
美術館は、相当する英語が museum of art であるように、美術品を専門とする博物館の一分野となります。英語以外の欧州各国語でも博物館のひとつとして扱われます。

 

ギャラリー

ギャラリーとは、美術作品を展示するスペースのことで、日本では画廊とも呼ばれます。美術館に比べてスペースがかなり狭く、入場料を取らないのが普通です。

画廊側が選んだ作品を展示する「企画画廊」と、スペースを一定期間ごとに作家に貸す「貸画廊」に分けられます。

 

まとめ

展覧会という観点からまとめると:
美術館は自分の持っている物を展示する、ギャラリーは他人の物を展示するいう風に分類できます。

ただいま京都国立博物館で開催中の「ハプスブルク展」は、 展示される作品が国立博物館の所蔵物ではありませんので企画展と呼ばれる形式にあたり、博物館をギャラリー(展示スペース)として利用しているということです。

2010年2月26日(金)~28日(日)に京都府京都文化博物館 別館にて京都プリント振興協会(Kyoto Print Association 略称KPA)が主催する服地用プリントの展示発表会「メイキング・ワークショップ2010」が開催されます。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗