1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2009年12月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2009年12月アーカイブ

■ 京都 ART NEWS

 

flyer_yoro.jpg

現在京都各地の寺社や美術館・博物館施設などで開催されている複合イベント、「京都 知恵と力の博覧会」。
これを記念し、12月6日(日)京都国際マンガミュージアムにて、ミュージアム館長である養老孟司氏による講演会が開催されます。

解剖学者であり、ベストセラーとなった『バカの壁』の著者としても知られる養老孟司氏。実はマンガ・アニメにも造詣が深い方で、マンガ・アニメに関する本も著されていらっしゃいます。

そんな養老館長が、人間の「知恵」を「解剖」し、大いに語る講演会です。

 

参加無料、事前の申し込みも不要(定員250名・先着順の受付)ですので、この機会をお見逃しなく!


【イベント概要】

「京都 知恵と力の博覧会」開催記念講演会 「知恵とはどういうことか?」
講師:養老 孟司 氏(京都国際マンガミュージアム館長・東京大学名誉教授)
日時:2009年12月6日(日) 14:00~15:30(約90分予定)
料金:無料 ※京都国際マンガミュージアムの入場料が別途必要です。
定員:250名
※事前の申し込みは不要。先着順での受付となります。
※当日10:00から会場前にて整理券が配布されます。


《講師プロフィール》
養老 孟司(ようろう・たけし)氏
1937年神奈川県生まれ。東京大学名誉教授、解剖学者。
『唯脳論』『バカの壁』など多数の著書があり、脳科学者の立場から人間社会の様々な事象を脳の機能や仕組みと結びつけて評論している他、テレビ出演や講演会など幅広く活躍している。
マンガ・アニメにも造詣が深く、『マンガをもっと読みなさい 日本人の脳はすばらしい』(共著:牧野圭一)、『虫眼とアニ眼』(共著:宮崎駿)などマンガ・アニメ関連の著書もある。
京都国際マンガミュージアムの館長は2006年の設立時から務めている。


京都国際マンガミュージアムについてはこちら!

■ 展覧会情報追加

flyer_hyouri.jpg

印象作品の表裏-本画と下絵-
(京都府立堂本印象美術館/2009年12月4日~2010年3月7日)


画家が作品製作の過程で、その基として描くスケッチや下絵。しかしこれはあくまで下書きであって、誰かに見せる「作品」ではありません。そのため最後まで画家の手元に残されたまま、日の目を見ないことも多く有ります。
この展覧会は、その下絵にもスポットを当てた展覧会。作品の「もと」となっている下絵と実際に完成した作品(本画)を一緒に鑑賞することができます。
両方を見比べてみると、下絵と完成作で彼方此方違いが見つけられ、画家がどのようにその作品を作っていったのか、その「頭の中」を覗き見することができます。
しかも、今回は『木華開耶媛(このはなさくやひめ)』など、京都画壇の誇る巨匠・堂本印象の作品の中でも、特に有名な代表作が展示されています。
完成作品だけでも勿論いいですが、下絵と一緒に見ることで、きっと今までとは違う、新しい発見ができるのではないでしょうか?

また、同時にミニ企画展「印象による印象美術館構想」も開催されます。
不思議なレリーフ状の外観でお馴染みの堂本印象美術館は、外も中も、扉の装飾や手すり、ドアノブに椅子、案内板などなど、ありとあらゆるところを印象本人がデザインした、まさに巨大な「作品」です。(開館したばかりのころは、外観も金箔貼りだったとか!)
そのデザインスケッチが併せて展示されます。熱意とこだわりにあふれた「印象ワールド」をじっくり、ご堪能あれ!

■ 更新情報

本日より、「京都ARTNEWS」を開始しました!

「京都で遊ぼうART」では、展覧会情報やその開催場所となっている美術館や博物館施設の情報を中心に情報発信をしてきましたが、お問合せやチケットプレゼントでのアンケートで、「もっと色々な情報を発信して欲しい!」というご意見も頂いておりました。
また、「大きな展覧会ではないけれど、このようなイベントを開催するので、掲載して欲しい」などのお申し出やお問合せも頂いておりました。
そちらに何とかお応えしたい!京都のもっと色々な「アートなニュース」を紹介していきたい!
そんな思いから生まれたのが、この「京都ARTNEWS」のコーナーです。

基本的には、京都のゆかりのあるアーティストに関する情報や、施設さんが特定の展覧会とは関係なく開催する単発のイベント、アートスペースやギャラリーなどでの個展やイベントの開催情報などをご紹介していく予定です。

最新の記事は、トップページの右上の枠にタイトルが表示されますので、随時チェックしてみてください。
もちろん、こちらの更新情報はtwitterやスタッフブログのRSSで配信されますよ。

掲載依頼も随時募集しておりますので、「自分たちでこんなイベント・展覧会をやるので、色々な方に知ってもらいたい!」とお思いの方など、掲載して欲しい情報をお持ちの方は、「京都で遊ぼうART」までお問合せくださいませ。
スタッフが対応させて頂きます。

「京都で遊ぼうART」は、これからもアート都市としての京都の情報を皆さんにお伝えしていきたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!
ご意見やご感想もお待ちしております。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗