1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. これがアートの街・京都の先端!(AMUSE ARTJAM 2009 in Kyoto編)

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

これがアートの街・京都の先端!(AMUSE ARTJAM 2009 in Kyoto編)

| トラックバック(0)

2009年12月12、13日の京都はまさに「アートの発信地」。若手アーティストさんの参加するアートイベントが開催されました!

今回「京都で遊ぼうART」も足を運ばせていただきましたので、簡単ですが、イベントの様子をご紹介したいと思います。

 

AMUSE ARTJAM 2009 in Kyoto(京都文化博物館)

京都文化博物館5階展示室で開催されていた、「アミューズアートジャム2009」。
ミュージシャンのプロデュースでもお馴染みのアミューズが主催となって開催されているイベントで、今回が第8回目。

予め応募された作品(今回は約1000通以上)の中から一次審査を通過したものアート部門62組、企業コンペ2部門16組の作品が展示されます。展示は最終審査も兼ねているので、この作品の中からグランプリが決定されるというわけです。

アート部門は決まったテーマがあるわけではないので、どの作品も自由に表現されています。そしてどれもひとつひとつ作り手の個性が出ているものばかりです。
現在アーティストとしてデビューを目指している学生さんや、まだデビューまもない新人・若手の方が中心なので、どこか荒削りな側面もありますが、作品からはフレッシュなエネルギーが伝わってきました。

 

PC130261.JPGPC130262.JPG

 

展示風景

作品は絵画・平面の作品から、立体的なもの、映像や音を利用したものなど実に様々です。 作品の前にはその作者さんの今までの作品のポートフォリオ(写真)を収めたファイルなども置かれていて、自由に見ることが出来ます。

 

PC130265-v.jpgPC130271.JPG

 

 

作品(参加型)

作品の中には、見に来た人が手を加えたり参加したりできるものもありました。
例えば人形を参加者が自由にジオラマに配置してもらい、それを上についたカメラが撮影。映像を映し出します。

 

PC130268-v.jpg

 


手をかざすとそれに合わせて作品がぼこぼこと動き出します(!)
ただ「見る」のではなく、自分からアートに近づいて楽しむことができるようになっています。

 

PC130278.JPG

 

 

結構お一人よりは二人で、といった感じで、お友達やご夫婦などで連れ立っていらっしゃっている方が多いように感じました。作品を見ながら「これは面白いね!」「これは好きかも…」と話している方の姿も。

 

PC130280.JPG

 

 

作品(コンペ部門)

コンペ部門は予め参加する企業からテーマが示されていて、そこからイメージした作品を制作する形式。この中から選ばれたものが実際に採用されて使われたりするとのことでした。
ひとつはアミューズらしく、音楽がテーマ。新人バンドが次作以降にリリースする楽曲で使われる、CDジャケットのデザインやPVを募集したそうです。

 

PC130283.JPG

 


下の写真はグリーティングカードメーカーの「Hollmark」の部門作品。
「受け取った人が嬉しくなる、わくわくするようなクリスマスカード」が募集テーマです。テーマは同じでも、形はひとりひとり全然違うので、とても楽しめました。

 

PC130284.JPG

 

 

思わず「これ、欲しいなぁ…使ってみたいなぁ…」と想像したくなってしまうものばかりでした。
因みに次の写真は屏風状になったり箸袋みたいになったり、と「和」がとりいれられた作品。
作ったのは京都の方で、部門の受賞作品となったそうです。おめでとうございます!

 

PC130282.JPG

 

なぜ京都で開催されたのですか?

ところで、このイベントを京都で開催されたのはなぜでしょう?
担当者の方にお伺いすると、「京都は美術系の学校が多数あるので、若手のアーティストさんが多く生まれやすい環境にあり、作品のクオリティも高いため」とのことでした。


実際、京都の美術系学校に通う生徒さんからの応募が多く、スタッフの方も京都造形大の学生さんが中心となっているそうです。
アートが育ちやすい地盤が京都にはある!ということなのですね。

 

これがアートの街・京都の先端!(京都アートフェスタ2009 artDive 編)」に続く

トラックバック(0)

この記事のトラックバック用URLは以下の通りです。


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗