1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2009年11月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2009年11月アーカイブ

 

bn_ticket_s_03-thumb-220xauto-682.jpg



各施設さんから頂いている、京都で開催される展覧会のご招待券を毎回抽選でプレゼント致します。
特設ページに応募ボタンがございます。
ボタンを押すとメールが起動しますので、そちらにアンケートのお答えをご記入の上、お送り下さい。
(応募期間・締め切り日が決まっております。期日を過ぎたものは対象になりませんのでご注意下さい!)
なお、当選発表は発送をもって代えさせていただきます。

 


さて、第三弾は、11月23日から京都文化博物館で開催される

「アイヌの美 カムイと創造する世界」展

です!
こちらのご招待券を、5組10名様にプレゼント致します。
締め切りは11月27日(金)。来週の金曜日です。
応募期間は1週間、締め切り日当日の日付分まで有効です。皆様の応募をお待ちしております!
(今回のチケット一枚で、同時開催の「受け継いでいく祇園祭」展もご覧になれます!)

チケットプレゼント特設ページはこちら!

flyer_gion.jpg

世界無形文化遺産登録記念企画展示 「受け継いでいく祇園祭」
(京都府京都文化博物館/11月23日~1月11日)


ひとつ前の記事でご紹介した、「アイヌの美」展と同時開催されるのが、こちらの「受け継いでいく祇園祭」展です。

「アイヌの美」展はアイヌの古典舞踊がユネスコの世界無形文化遺産に登録された記念の展覧会なのですが、実は同じく京都の夏の風物詩・祇園祭も世界無形文化遺産に登録されることになっています。

その起源は平安時代、千年以上前にまで遡る歴史を持つ祇園祭。
何度か途切れはしつつも、現在まで京都の街の人々に守り受け継がれてきました。
この展覧会ではその歴史を物語る、昔の祇園祭の様子を記した絵や記録、貴重な映像資料などが展示されます。
特に、実際に山鉾に飾られている織物類などは、本来なら祇園祭の期間中、それぞれの鉾町の会所(ちまきを売っているところ)でだけ、たった2,3日程度しか見ることが出来ません。
現在では鉾として建ったり練り歩いたりする姿を見ることが出来ない鉾の品々も展示されます。
是非、この機会をお見逃しなく!

flyer_ainu.jpg

世界無形文化遺産登録記念
ロシア民族学博物館・オムスク造形美術館所蔵
「アイヌの美 カムイと創造する世界」

(京都府京都文化博物館/11月23日~1月11日)


古くから北海道や東北地方などを中心に、独自の文化と共に暮らしてきたアイヌの人々。
その文化を紹介する展覧会が、京都で開催されます。
実は北海道では小学校などでアイヌについて勉強する機会があったり、博物館などにアイヌに関する資料がおいてあったりするんですが(地名も大半は元々アイヌ語です。時々何と読むのかもわからないような漢字の組み合わせの地名がありますが、あれはアイヌ語に無理やり当て字したものです)普段は名前は聞いたことがあっても実際に触れる機会は少ないかと思います。
今回は、展覧会に併せて実際にアイヌの踊りや楽器の演奏会、また実際に楽器を作って体験できるイベントも開催されます。

神さま(カムイ)と共に、自然から与えられたものを必要なだけ得、自然に感謝して暮らしてきたアイヌの人々。
その営みに、是非一度触れてみては如何でしょうか?きっととても貴重で新鮮な体験ができるのではと思います。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗