1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2009年10月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2009年10月アーカイブ

こんにちは、Somethingです。

本日・10月9日(金)付の京都新聞朝刊、「エコノBOX」のコーナーに、「京都で遊ぼうART」が掲載されました!
twitterの方では速報としてお知らせしていたのですが…
本日、担当の私が外に出ておりましたもので、サイト本体でのお知らせが遅くなってしまいました。
申し訳ございません;;
え、いやサボってたわけではないですよ!取材です!お仕事!


もし、京都新聞をご購読の方で、まだ10月9日の朝刊がお手元にありましたら、ご確認頂けましたら嬉しいです。
…あまり大きな記事!というわけではないので、ちょっと探さないといけないかとは思いますが;
宜しければ、「お、載ってるなー」と言った感じで見ていただけましたらと思います。

あと、twitterの中に出来たコミュニティにも参加してみました。
ついっこ(ついったーこみゅにてぃ)というものを使うと、簡単に登録できるらしいです。
教えて頂きましたので、早速京都関連で登録してみました。
kyotojapan
kansaievent
この二つをフォロー。フォローし返していただければ、登録完了!

twitter本体も、おかげさまで80名近くの方にフォローしていただいております。
本当にありがとうございます!
今後も更新情報だけでなく、スタッフのつぶやきやちょっとした情報なども配信するツールとして活用していきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!

で、本日の取材ですが…
京都国際マンガミュージアムさんで開催される、「サンデー・マガジンのDNA」展に、一足早く(本当は明日、10日から!)お伺いしてきました!
いやあ、やはり50年分の重みって違うなぁ…圧倒されました。
また、自分が昔好きだった作品もたくさん並んでいて、「懐かしいなー!あのころはこの話で盛り上がったなぁ」「まだ実家にあるかなぁ、この本…」そんなちょっと昔を思い出して童心に返ってしまいました。
担当の方も「親子で来て頂きたいです」とも仰ってましたし、プレゼントがもらえるスタンプラリー企画などもあります。
丁度明日からは連休!この機会に親子で遊びに行っては如何でしょう?
あ、ただ11日(日)は別のイベントの会場になるそうなので、お休みです。ご注意を。
取材の詳細については、また後日特集記事にしたいと思っていますので、お楽しみに!

それでは、本日はこの辺で!

whatsnew.jpg.jpg

■ 更新情報はこちらでチェック!「What's New」

本日、最新の更新情報をトップページでチェックできる「What's New」を追加しました。
左上の写真下に、スタッフブログでお知らせしている更新情報が、横スクロールで流れます。
更新情報の文章をクリックすると、それに対応したページに移動することができます。
「京都で遊ぼうART」に来たら、まずはこちらからチェックしてみてくださいね!

今後も、新しい機能や情報を追加していきますので、どうぞお楽しみに。
これからも「京都で遊ぼうART」を宜しくお願い致します!
 

■ 展覧会情報を追加
 

flye_sunmaga.jpg



・ サンデー・マガジンのDNA―週刊少年漫画誌の50年
(京都国際マンガミュージアム/10月10日~12月20日)



「少年サンデー」と「少年マガジン」。
このお馴染みのマンガ雑誌、実は生まれた年も誕生日も全く同じということ、ご存知でしたでしょうか?
今から50年前の1959年3月17日に創刊した両誌は、云わば双子の兄弟でありライバル。競い合い、切磋琢磨し合いながら、お互いの個性を確立し、様々な名作・人気作を世に送り出してきました。
この両誌がこの度手を取り合って行うのが、この50周年記念の展覧会です。
手塚治虫から藤子不二雄、「タッチ」に「あしたのジョー」、そして…誰もが一度は手に取り、目にし、夢中になった、あの作品やこの作品が勢揃い。
また、マンガという存在を通して、両誌が今まで駆け抜けてきた「日本の50年」という時間を切り取り、振り返っていきます。
大好きだった作品を見つけて、「あのころはこうだったなぁ」と青春時代を懐かしむも良し。
「あれはこんな展開だったなぁ!びっくりした!おもしろかった!」と盛り上がるも良し。
親世代から子供世代まで、誰もが一緒に楽しめること間違いなし!
単なるマンガ展としては語りつくせない、魅力たっぷりの展覧会です。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗