1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2009年10月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2009年10月アーカイブ

 

flyer_borghese.jpg




ボルゲーゼ美術館展
 (京都国立近代美術館/10月27日~12月27日)


今年は「日本におけるイタリア年」。それを記念して、イタリア・ローマの国立ボルゲーゼ美術館のコレクションによる展覧会が京都で開催されます!
展示品はラファエロからベルニーニまで、ルネサンス~バロックの名品を間近に見ることができる実に豪華な内容。
また、ただ豪華なだけではありません。このボルゲーゼ美術館、入館は事前に予約が必要で、その上一日の入場者も制限があるという美術館なんです!
もちろん、まとまった数の所蔵品が日本にやってくる、というのもこれが初めての試み。イタリア本国でもちょっと見るのが難しい美術館のコレクションが、日本国内で見られる貴重な機会です。お見逃しなく!

column_kansetsu3.jpg

白沙村荘 橋本関雪記念館の副館長・橋本眞次さんによるコラム、「白沙村荘の庭から」。
本日第三回を公開致しました!

今回も普段訪れる側からはちょっと分からないことを徒然と綴っていただいています。
「ここだけ」のお話を是非、お見逃しなく!


因みに、今回メインビジュアルに使わせていただいた写真。
背景にあるのは白沙村荘にある洋館なんですが、こちらは現在イタリアンレストラン《Restrant NOANOA》として使われています。
記念館のお隣にありますので、訪れる際に一緒に足を運んで言っては如何でしょうか?
お天気のいい日なら、オープンカフェ風に外でランチやお茶を楽しむのもなかなかですよ。

コラム「白沙村荘の庭から」はこちら
白沙村荘 橋本関雪館についてはこちら
橋本関雪記念館公式ホームページはこちら(レストランのご案内もこちら)

flyer_suiren.jpg



アサヒビール創業120周年記念 「睡蓮池のほとりにて モネと須田悦弘、伊藤存」
 (アサヒビール大山崎山荘美術館/10月28日~1月31日)



アサヒビール大山崎山荘美術館の中心的所蔵品であるモネの『睡蓮』。
それを軸に、気鋭の現代作家・須田悦弘氏、伊藤存氏がアサヒビール大山崎山荘美術館での展示用に制作した「睡蓮」をモチーフにした作品を展示。
モネが最も愛したモチーフであり、今や美術の定番ともなったそれを、現代のアーティストはどのように表現しているのでしょうか?
時を越えた3人の作家の、それぞれの視点、手法、表現による「睡蓮」の競演。
同じモチーフでも人が違えば全く違うものになってしまう、そんな「アートの面白さ」を味わえる展覧会です。

関連イベントでは、出品作家の一人、伊藤存氏ご本人によるワークショップ企画や、ガイドツアーも行われますよ!



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗