1. 京都で遊ぼうART
  2. スタッフブログ
  3. 2009年9月アーカイブ

京都で遊ぼうART スタッフブログ

京都地域の美術館・博物館の情報サイト「京都で遊ぼう ART」のスタッフによるブログです。

RSSで最新情報をお届け

2009年9月アーカイブ

 

blogparts01.jpg

■ 「京都で遊ぼう ART・ブログパーツ」配布開始!

あなたのブログやホームページに、「京遊ART」が出張します!

続々と追加される、京都の展覧会情報。逐一チェックするのはなかなか大変ですよね。
でも、このブログパーツがあれば、もう大丈夫。
「京都で遊ぼうART」に新しい展覧会が追加されると、自動的に情報を発信。
いつでも一目で、京都の展覧会の情報がチェックできるんです!
勿論、詳しい情報はお目当ての展覧会の表示をクリックすれば確認できますよ。

使い方も、あなたのブログやホームページにブログパーツを貼り付けておくだけ。

是非、ご活用下さい!


★ ブログパーツ配布ページはこちら

※ブログパーツのご利用につきましては、配布ページ内の注意事項をよくお読みの上でお願い致します。

■ 展覧会情報を追加

flyer_yasujiro.jpg



・ 山口安次郎作 能装束展-心と技の饗宴-
(相国寺承天閣美術館/9月14日~12月6日)






御歳105歳(!)の現役バリバリの西陣織職人・山口安次郎さんの能装束展。
西陣織の煌びやかな世界と、老いて尚盛んな山口さんの卓越した技、そして受け継がれてきた文化への想いをご堪能有れ!

2085720074_81512becb0.jpg



こんにちは、Somethingです。
【アートの楽しみ方】第三回は、前回にひき続き「美術館・博物館でのマナー」のお話をしていきたいと思います。

今回は豆知識…といいますか、美術館や博物館で思われがちなことについて、個人的な印象も交えてお送りします。


■ 「ミュージアムでしゃべってはいけないの?」
博物館や美術館の決まりとして、「展示室ではしゃべっちゃダメ!」「声を出しちゃダメ!」と思っている方、意外といるかもしれません。
特に、展覧会に行くってちょっと苦手だな~、堅苦しそうだな~、という印象をお持ちの方とか。
まあ、確かに展示室では静かにする!ということは他の人に迷惑をかけないという点で大切なマナーですし、決して間違いではないのですが・・・
別に、かといって「声を出してはダメ!」「しゃべってはダメ!」というわけではないと思います。

特に、友達同士や親子連れなど、複数人数で見に行ったときなどは、作品を見て感想を言い合うのも素敵な楽しみ方。
お互いに感じたことを話合えば、きっと自分だけでは気づかなかったことを発見できたりして、より展覧会を楽しめるはずです。
別に、遠慮したりする必要はないんですよ!

確かに、周りが静かな雰囲気だったりすると、ちょっと気まずかったりしますし、「声をひそめるのがマナー」と心得られているのかもしれません。
でも、よほど大声で騒がれない限り、そんなに周りの人の話し声って気になるものではないのでは。
(人によっては静かにみたい、という方もいらっしゃると思いますが)

むしろ、海外の美術館や博物館では結構普通におしゃべりしながら作品を見ていたり、お城などを見学してたりするんですよね。
以前旅行でイタリアなどの美術館に行ったことがあるのですが、むしろかなり賑やかでした(^-^)
(それどころか、日本じゃ絶対怒られるような写真撮影もOKだったり、堂々と模写してる人も…このお話はまた別の機会に)

作品を見たら、何かを感じるのは全くもって普通のことです。
感動したらすごい!と言いたくなるのも何もおかしいことではありません。
見ているだけで楽しくなるような作品があったとして、楽しいな、面白いな、という気持ちを我慢して隠してしまうほうがおかしいと思いませんか?
それに、むしろ企画をしたスタッフさんからすれば、何かしら反応してくれて、感想を持ってくれるほうが嬉しいんです。
以前、お話を伺った学芸員さんも、「凄い、とか面白い、とか、感想を話しているのを見たらやったぁ!と思ったりするんですよー」と仰っていました。

そもそも、ミュージアムはフォーマルな場所ではないんです!
そんなに肩肘はって、緊張してあれこれ気にして行くことはないんです。
むしろ、その緊張が原因で、かえって楽しめなかったり、美術館や博物館は苦手だな、と思ってしまったり…それはとても勿体のないこと。
せっかくの作品との出会いの場、もっと気軽に過ごしては如何でしょうか?

と、ちょっと主張くさくなりましたが…;;
ひとまず、今回はこの辺で!

 



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗