1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

2016/10/04 ~ 2016/12/04


【京都市美術館】

京都市美術館

【作品画像】
(1)「百犬図」個人蔵 ※期間限定展示:11/15(火)~12/4(日)
(2)「老松鸚鵡図」個人蔵 ※通期展示


江戸中期に活躍した絵師、伊藤若冲。
京都の錦小路にあった青物問屋の長男として生まれた彼は、早くから絵に興味を示し、家業の傍らで狩野派や琳派、中国の元代・明代の画法を学びました。そして40歳で家業を弟に譲ると、本格的に絵画の制作に専念。鮮やかな色彩が特徴の写生的・装飾的な花鳥画や、ユーモアも感じさせる斬新なタッチの水墨画など、他に類を見ない異色の画風を作り上げました。

若冲が活躍した18世紀の京都では、絵師それぞれの個性を重んじる傾向が強く、江戸とは違う表現の“自由性”がありました。そのため絵師それぞれが個性豊かな作品を多く世に生み出しています。なかでも若冲は、学んできたさまざまな流派の画法を取り入れ、流派の枠にとらわれない独自の世界観と表現を確立しています。まさに若冲は、京都だからこそ生まれた絵師といえるでしょう。

若冲の生誕300年を記念して開催されるこの展覧会では、現代における若冲ブームの火付け役のひとり・美術史家の狩野博幸氏監修の下選ばれた100点以上の若冲作品を通じ、京都と伊藤若冲の関わりを紐解きます。
京都で育まれ、現代においても多くの人を惹きつけ続けている若冲の魅力を、この機会にお楽しみください。

※会期中、展示替となる作品がございます。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

若冲にとって京都とは何か(1)


日時:2016年10月8日(土)14:00~15:30
講師:狩野博幸(美術史家)
会場:京都市美術館講演室
料金:無料(展覧会の入場券(半券可)が必要です)
定員:80名(先着順受付/事前申込不要)
※当日13:00より正面玄関前にて整理券を配布します(定員に達し次第受付終了)

東西の百鳥獣図

―同時代の西洋動物画を通して若冲を見る―


日時:2016年11月3日(木・祝)14:00~15:30
講師:潮江宏三(京都市美術館 館長)
会場:京都市美術館講演室
料金:無料(展覧会の入場券(半券可)が必要です)
定員:80名(先着順受付/事前申込不要)
※当日13:00より正面玄関前にて整理券を配布します(定員に達し次第受付終了)

若冲にとって京都とは何か(2)


日時:2016年11月12日(土)14:00~15:30
講師:狩野博幸(美術史家)
会場:京都市美術館講演室
料金:無料(展覧会の入場券(半券可)が必要です)
定員:80名(先着順受付/事前申込不要)
※当日13:00より正面玄関前にて整理券を配布します(定員に達し次第受付終了)

【関連イベント】ワークショップ「筒描きで若冲のミニ屏風をつくろう!」

染色技法のひとつ「筒描き」を応用し、若冲作品をモチーフにしたミニチュア屏風を制作します。

日時:2016年11月19日(土)13:00~16:00
講師:青木聡子(染色家・デザイナー)
会場:京都市美術館講演室
料金:1,300円(当日現金にてお支払いください)
定員:15名(高校生以上対象/要申込)

申込方法

はがき・FAX・メールにて
(1)郵便番号(2)住所(3)氏名(4)年齢(5)電話番号
以上を添えてまでお申込ください。
※申込締切:11月9日(水)必着(申込多数の場合は抽選)
※抽選結果は11月15日(火)までにハガキにてご案内します。

・はがき:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市美術館 ワークショップ(11/19)係
・FAX:075-761-0444
・メール:bijutsukan@city.kyoto.lg.jp

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗