1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション

浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション

2017/05/20 ~ 2017/07/09


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

日本洋画壇の先駆者として知られる浅井忠(1856-1907)。彼は2年余りのフランス滞在の後、現在の京都工芸繊維大学の前身のひとつ・京都高等工芸学校に招かれ、拠点を京都へ移しました。それから明治35年(1902)から亡くなる明治40年(1907)までわずか6年間という短さながら、浅井は京都での生活のなかで古都に根ざした新旧の文化に親しみつつ、この地の美術工芸に新たな息吹をもたらしました。

浅井は京都高等工芸学校で図案を指導する傍ら、私的には聖護院洋画研究所、関西美術院と続く洋画家養成機関の中心を担い、関西洋画壇の発展に尽力しました。また、遊陶園と京漆園など陶芸家・漆芸家と図案家を結ぶ団体を設立し、自らもアール・ヌーヴォーを思わせる斬新なデザインを考案、京都工芸界に新風を巻き起こしました。

この展覧会は、浅井忠とゆかりの深い京都工芸繊維大学に遺された、浅井の多彩な足跡を辿るものです。フランス・パリにて浅井が収集したアール・ヌーヴォーのポスターや陶磁器をはじめ、代表作「武士山狩図」、そして浅井がデザインを手がけた工芸作品などを紹介するとともに、浅井を慕い京都に集った鹿子木孟郎などの洋画家たちによる作品もご紹介します。
あわせて、浅井たち洋画家を支援し作品を愛でた住友家ゆかりの品々も展示し、近代関西の美術工芸、美術教育、生活文化に浅井がもたらした影響を再考します。

【作品画像】
(1)浅井忠「グレーの森」1901年 泉屋博古分館
(2)浅井忠「武士山狩図」1905年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
(3)浅井忠「梅図花生」1902~1907年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
(4)鹿子木孟郎「加茂の競馬」1913年 泉屋博古館分館

 

【連携企画展】 住友春翠の文化遺産-第五回内国勧業博覧会と近代陶芸作家たち

日時:2017年5月10日(水)~7月8日(土)
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
※「浅井忠の京都遺産」展の半券提示にて、入館料(200円)が無料となります。
展覧会の詳細はこちら


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「浅井忠とデザイン教育の夜明け-京都工芸繊維大学コレクションから-」

日時:2017年6月10日(土)13:30~15:00
講師:並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)
会場:泉屋博古館 講堂
料金:無料(入館料が別途必要です)
定員:100名(事前申込不要・当日先着順にて整理券配布)

【関連イベント】ゲストキュレータートーク

日時:2017年6月24日(土)14:00~15:00
講師:和田穂希(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 学芸員)
会場:泉屋博古館 展示室
料金:無料(入館料が別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】列品解説

浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション


日時:【1】2017年6月3日(土)14:00~/【2】7月1日(土)14:00~
講師:【1】森下愛子(泉屋博古館分館 学芸員)/【2】実方葉子(泉屋博古館 学芸員)
料金:無料(入館料が別途必要です)
※事前申込不要

中国青銅器の時代


日時:2017年7月8日(土)14:00~
講師:廣川守(泉屋博古館 学芸員)
料金:無料(入館料が別途必要です)
※事前申込不要
※青銅器館は、毎日ミュージアムボランティアによる解説も行っています。

【関連イベント】マルシェ・ミュゼ

美術館に今年もマルシェ(市場)がやってくる!

初夏の一日を、浅井忠の作品展示とともに楽しむアートなマルシェです。
おいしいフードやスイーツ、雑貨やアクセサリーなどこだわりの一品が並ぶほか、アーティストによる生演奏や各種ワークショップなども開催。竹で組んだお茶席「帰庵」では特製のお茶菓子(塩芳軒製)とお茶をお召し上がりいただけます。

マルシェでお買い物をされた方には、展覧会がお得になる特典企画も。
ぜひ展覧会とあわせてお楽しみください。

日時:2017年5月27日(土)・28日(日)10:00~17:00
会場:泉屋博古館屋外スペース
主催:ena farm

※雨天中止
※マルシェ会場は入場無料です。
※当日は駐車場をご利用いただけません。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗