嵯峨・嵐山

京都嵐山オルゴール博物館

ヨーロッパの貴重なアンティークオルゴールやオートマタ(西洋からくり人形)のコレクションを展示している博物館。
世界一のオルゴールメーカー・スイス「リュージュ社」の創業者で、世界有数のオルゴール収集家でもあった、ギド・リュージュ氏のコレクションを引き継ぎ、約2000点の収蔵品の中から約150点を厳選。随時、時期によって入れ替えながら展示・演奏を行っています。
お土産用のオルゴールショップや、アンティークオルゴールの音色とともに喫茶や軽食が楽しめるカフェも併設されています。

アンティークドールとアンティークドールのイラスト展

期間:2015/09/19~2015/09/27

100年以上前の人形であるビスクドールや和人形の展示・販売を行います。
また、同時にドールイラスト作家の個展も行われ、博物館の館内はお人形でいっぱいに!また博物館ではアンティークオルゴールの音色や西洋からくり人形をお楽しみいただけます。この機会にぜひ足をお運びください。

シンギングバード展-100年の夢から覚めた鳥たち-

期間:2010/01/01~2010/06/30

昔、貴族の心をとりこにした究極の贅沢品「シンギングバード」。機械仕掛けの鳥たちが、まるで生きているかの様に鳴いたり動いたり...その愛らしい動きはまさに本物のようです。「さえずる宝石」とも呼ばれるこのシンギングバードは、200年前にスイスの時計作りの巨匠ジャケ・ドローによって考案され、今日までその技術が大切に伝えられています。この展覧会では、そのジャケ・ドローの作品を含む貴重な逸品の数々を一挙公開します。

秋季特別展「現代のオルゴール文化の伝承~ギド・リュージュの遺してくれたもの~

期間:2009/10/10~2009/12/31

1796年にスイス・ジュネーブでシリンダー(筒)型オルゴールが開発されました。、その後100年の間にオルゴールは繁栄し、そして時代の流れと共に衰退していきました。
その伝統を再生させ、そして今もなお守り続けているのが『REUGE(リュージュ)』社。
そして、その礎を築いたのが『ギド・リュージュ』です。
京都嵐山オルゴール博物館は、彼に寄贈されたコレクションの品々を所蔵、公開しています。今回の特別展では、その『ギド・リュージュ』自身が生み出した『REUGE』社のアンティークコレクションを特別に展示いたします。

夏の特別展―新発見!オルゴールのしくみ―

期間:2009/07/15~2009/10/12

普段なかなか見ることのできないオルゴールの内部をわかりやすく解説。実際にオルガンやオルゴールに触れられる「体験コーナー」も設置され、オルゴールをより身近に楽しめる展覧会です。

開館15周年記念特別企画展 『ピエロ・エクリヴァン』~時代を超えた三大作家の競演~

期間:2009/03/25~2009/12/31

開館15周年を記念して開催される特別企画展。オートマタ(西洋からくり人形)の中でも不朽の名作といわれる作品「ピエロ・エクリヴァン」。生みの親とその伝統の継承者、現代の第一人者によるそれを、100年以上の時代の差を越えて三体同時に展示します。実際に動いている姿を見られる実演ツアーも開催。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗