1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. 平成29年度特別展 火焔型土器と西の縄文―Jomonesque Japan 2017―

平成29年度特別展 火焔型土器と西の縄文―Jomonesque Japan 2017―

2017/09/09 ~ 2017/10/22


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

1万余年続く縄文時代、日本列島では、さまざまな縄文土器がつくられました。

そのひとつ火焔型土器は、現在の新潟県に相当する地域で出土する、約5000年前の縄文土器です。火焔型土器とは、大きな突起と立体的文様とが燃えさかる炎を連想させることに由来するニックネームです。火焔型土器のデザインは、容器の概念を逸脱しているように見え、多くの人びとに注目されています。

新潟県の6市町(新潟市、 三条市、 長岡市、 十日町市、 魚沼市、 津南町)で組織する信濃川火焔街道連携協議会は、火焔型土器を活用した地域振興および広域観光を推進しています。同協議会は、火焔型土器などを構成文化財として、文化庁の日本遺産に平成28年に申請し、『「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化』の名称で、その認定を受けました。

今回の特別展では、火焔型土器を含む信濃川地域の文化財が日本遺産に認定されたことを記念し、信濃川火焔街道連携協議会、新潟県立歴史博物館のご好意により、国宝をはじめとする火焔型土器が京都にやってきます。
第1部では、火焔型土器や同時代の土偶や石棒などの出土品を通して、その実態と魅力を多面的に紹介。そして第2部では、京都大学の資料によって、火焔型土器と同時期の全国各地の土器を概観するとともに、100年の歴史をもつ考古学研究室が調査した西日本の縄文遺跡の出土品、大学構内や周辺の縄文遺跡の調査研究成果を紹介しながら、西の縄文の視点から火焔型土器について考えます。

この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】特別対談「火焔型土器を語る」

日時:2017年9月9日(土)13:00~14:30(受付開始12:30)
出演:小林達雄氏(國學院大學 名誉教授)×泉 拓良氏(京都大学総合生存学館 特定教授)
会場:京都大学百周年時計台記念館2階 国際交流ホール
※会場は博物館内ではありませんのでお越しの際はお間違えの無いようご注意ください。
料金:無料
定員:200名(事前予約不要、先着順)

【関連イベント】ミュージアムトーク

展覧会を鑑賞しながら、火焔型土器の魅力や今回の展示について講師が語ります。

日時:2017年9月9日(土)15:00~
講師:佐藤雅一氏(新潟県津南町教育委員会)
会場:京都大学総合博物館2階 企画展示室
料金:無料(ただし、博物館への入館料は必要です)

【関連イベント】縄文コンサート

日時:2017年9月9日(土)15:30~
出演:斎藤孝太郎氏(エレキチェロ演奏者)
会場:京都大学総合博物館1階 ミューズラボ
料金:無料(ただし、博物館への入館料は必要です)

【関連イベント】研究講演会

日時:2017年9月10日(日)11:00~
講師:寺﨑裕助氏(新潟県考古学会会長)、泉 拓良氏(京都大学総合生存学館特定教授)、建石 徹氏(文化庁美術学芸課)
会場:京都大学総合博物館3階 講演室
料金:無料(ただし、博物館への入館料は必要です)
定員: 50名(事前申込不要 当日博物館受付にて整理券配布)

【関連イベント】ワークショップ「考古学者の弟子」講座

縄文土器の魅力に迫る特別企画講座です。まるで考古学者に弟子入りしたような体験を楽しんでいただきけます。考古学に興味のある方、関心のある方のご参加をお待ちしております。

※ワークショップは全3回を予定しています(各回要申込)
※各回単独での申込が可能ですが、続けて受講いただけるとより理解が深まります。
※応募者多数の場合全3回続けて受講可能な方が優先となります。
※応募締切は9月6日(水)必着です。詳細については公式HPをご確認ください。

会場:京都大学総合博物館 本館3階 講演室
料金:無料(ただし、博物館への入館料は必要です)
定員:各回20名(小学4年生以上対象)

【申込方法】
「考古学者の弟子講座希望」と明記の上、下記の事項を添えてメールにてお申し込みください。
(1)参加希望日時と講座名(2)住所(3)氏名(4)年齢(5)学年(6)電話番号(7)小学生の場合は付添者の氏名
※折り返し「申込受付完了」の確認メールを博物館から送信します。
※数日たっても確認メールが届かない場合、お手数ですがお電話にて下記宛先までお問い合わせください。
※参加可否については改めてメールにてご連絡いたします。
※携帯メールでのお申し込みはご遠慮ください。

《宛先》京都大学総合博物館 ワークショップ「考古学者の弟子」講座
メール:info@inet.museum.kyoto-u.ac.jp
TEL:075-753-2721(電話中の場合は075-753-3272へ)

【1】縄文土器ファンコース「つくってみる」


粘土に自分で縄文の模様をつけてみることで、縄文土器の作り方を知り、専門家から解説を聞く基礎体力をつける初級者向けコース。

日時:2017年9月16日(土)14:00~15:30
講師:妹尾裕介氏(滋賀県立琵琶湖博物館)

【2】縄文土器エキスパートコース「くらべてみる」


地域別考古学見習いとして担当地域の土器破片の特徴を観察、言語化の練習をし、縄文時代中期6 地域の多様な土器を見分ける力を養う中級者向けコース。

日時:2017年10月7日(土)14:00~15:30
講師:泉 拓良氏(京都大学総合生存学館)
   村上由美子氏(京都大学総合博物館)
   冨井眞氏(京都大学文化財総合研究センター)
進行:塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館)

【3】縄文土器マスターコース「かんがえてみる」


土器の作り方、見分け方を元にして、縄文土器の機能に迫る上級者向けコース。考古学者の観察、分析の手順を短時間で体得することを狙う。

日時:2017年10月14日(土)14:00~15:30
講師:泉 拓良氏(京都大学総合生存学館)
   冨井眞氏(京都大学文化財総合研究センター)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗