1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 開館120周年記念特別展覧会 国宝

開館120周年記念特別展覧会 国宝

2017/10/03 ~ 2017/11/26


【京都国立博物館】

京都国立博物館

2017年は京都国立博物館の開館から120年目。同時に、日本の法令上「国宝」という言葉が初めて使用された「古社寺保存法」が制定されてからも120年目にあたるという、記念すべき年です。
このメモリアルイヤーに合わせ、京都国立博物館では1976年の「日本国宝展」以来41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。

2017年現在、国宝指定を受けている美術工芸品は885件。「国宝展」ではそのうち、約4分の1にあたる210件の作品を約2週間毎、4期に分けて一挙公開します。日本最古の国宝「火焔型土器」や金印「漢倭奴国王印」、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」といった教科書で誰もが目にしたことがあるような有名作品はもちろん、普段は数年・数十年に一度出会えるかどうかの貴重な品まで、これほどの数の国宝が1か所に集まることはまさに奇跡といえるでしょう。
構成も、京都国立博物館の絵画・書跡・彫刻・工芸・考古各分野の研究員が総力を結集。「雪舟の国宝全6件を1室で一挙公開」「神護寺所蔵の肖像画、伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像そろい踏み」「長谷川等伯・久蔵親子、奇跡の共演」といった、国宝展ならでは豪華すぎる夢の取り合わせも実現します。

古より日本人は、外来の文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、日本の歴史や文化の結晶ともいえる存在です。国宝が物語る日本美術の真髄と時を超えたドラマを、この機会にご堪能ください。

【作品画像】
(1)国宝 深鉢形土器(火焔型土器)  新潟県笹山遺跡出土 縄文・前3500~前2500年 新潟・十日町市(十日町市博物館保管)
(2)国宝 源氏物語絵巻 柏木(三)  平安・12世紀 愛知・徳川美術館 10月31日~11月12日展示 ⓒ徳川美術館イメージアーカイブ/DNP artcom
(3)国宝 伝源頼朝像  鎌倉・13世紀 京都・神護寺 10月31日~11月26日展示
(4)国宝 天橋立図 雪舟筆  室町・16世紀 京都国立博物館 10月3日~10月29日展示
(5)国宝 青磁鳳凰耳花入 銘 万声  中国 南宋・13世紀 大阪・和泉市久保惣記念美術館 10月3日~10月29日展示

 

展示期間

【第1期】10月3日(火)~15日(日)
【第2期】10月17日(火)~29日(日)
【第3期】10月31日(火)~11月12日(日)
【第4期】11月14日(火)~26日(日)
※一部、上記の展示期間に依らない作品がございます。各作品の展示時期については、公式サイト等でご確認ください。

内覧レポートアップしました!(展示内容は第1期のものです)


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「国宝の杜へ─京都国立博物館と古社寺保存法─」

日時:2017年11月4日(土)13:30~15:00
講師:佐々木丞平(京都国立博物館館長)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
料金:無料(ただし、当日の「国宝展」観覧券が必要です)
定員:190名(要申込)

申し込み方法


往復はがきに「住所」「氏名(フリガナ)」「電話番号」を明記の上、下記宛先までお申し込みください。
宛先:〒605-0931京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館 11/4記念講演会係
締切:2017年10月17日(火)
※往復はがき1枚につき1名分の申込となります。
※はがきの記入時には熱で消えるボールペンは使用しないでください。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※当日の座席については、当選時の返信にて指定させていただきます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗