1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 吉村芳生 超絶技巧を超えて

吉村芳生 超絶技巧を超えて

2019/05/11 ~ 2019/06/02


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

画家・吉村芳生の回顧展です。

吉村芳生の作品は「超絶技巧」という単純な言葉で説明できるものではありません。一年間毎日描き続けた365枚の自画像、1文字1文字全てを書き写した新聞紙、10メートルの色鉛筆画など、彼が生み出した作品はどれも超絶リアルでありながら、見る者の度肝を抜く凄みを感じさせます。

1950年、山口県に生まれた吉村芳生が一躍注目を浴びたのは2007年のことでした。この年に開かれた「六本木クロッシング2007」展(森美術館)に出品された作品が話題となり、吉村は57歳にして突如、現代アート・シーンの寵児となったのです。

この展覧会は遅咲きの画家・吉村芳生の全貌を、初期のモノトーンによる版画やドローイングから、後期の色鮮やかな花を描いた作品群、そして生涯を通じて描き続けた自画像などを通じ、3部構成でご紹介します。2013年に惜しまれつつ早逝した吉村芳生の、ただ上手いだけの絵ではない、描くこと、生きることの意味を問いただす真摯な作品の数々を、ぜひその眼で目撃してください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリー・トーク

日時:①2019年5月11日(土)11:00~/14:00~
   ②2019年5月18日(土)11:00~/14:00~
   ※各回約30分
講師:①冨田 章氏(本展監修者/東京ステーションギャラリー館長)
   ②吉村大星氏(画家/吉村芳生 長男)
料金:無料(事前申込不要/当日の美術館入場券が必要です)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※混雑時は入館制限を行う場合がございます。予めご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗