1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 【KYOTOGRAPHIE2019】KABUKI 藤十郎と仁左衛門 篠山紀信写真展

【KYOTOGRAPHIE2019】KABUKI 藤十郎と仁左衛門 篠山紀信写真展

2019/04/12 ~ 2019/05/06


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。

1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌舞伎写真の集大成『KABUKI by KISHIN』(光村推古書院刊)を発表し、国内外で高い評価を得ました。
今回の、美術館「えき」KYOTOでの個展では、京都に縁ある歌舞伎界の二大巨頭、四代目 坂田藤十郎と十五代目 片岡仁左衛門の舞台を、迫力あるカメラワークで捉えた写真を展示いたします。名歌舞伎俳優が演じる舞台に、歌舞伎の神と写真の神が降臨した刹那を活け撮りにした奇跡の一瞬。臨場感のある張りつめた写真の数々。篠山紀信が撮り続ける「歌舞伎の美」をぜひご堪能ください。

出展数は約40点の予定。坂田藤十郎、片岡仁左衛門の写真を中心に展示。
中村鴈治郎、中村扇雀、中村壱太郎、中村虎之介/片岡孝太郎、片岡千之助、片岡我當の写真も展示いたします。

※この展覧会は、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019」のアソシエイテッド・プログラムです。
※会期中、ジェイアール京都伊勢丹2階に「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019」インフォメーションブースが設置されます。こちらも併せてご覧ください(4月12日~5月12日)
 

篠山紀信

写真家。1940年東京都生まれ。1959年日本大学芸術学部写真学科在学中より広告会社ライトパブリシティ写真部で活躍。1961年に第1回日本広告写真家協会展公募部門でAPA賞受賞。1968年からフリーとなる。三島由紀夫、山口百恵、宮沢りえ、ジョン・レノン、オノ・ヨーコなど、その時代を代表する人物を捉え、流行語になった「激写」、複数のカメラを結合し一斉にシャッターを切る「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で時代を切り撮り続けている。2002年より、デジタルカメラで撮影した画像と映像を組み合わせる「digi+KISHIN」を展開。2012年スタートした展覧会「篠山紀信写真展 写真力」は全国巡回中。


CHECK POINT

【関連イベント】篠山紀信写真展 開催記念トークショー「中村扇雀vs 篠山紀信」

日時:2019年4月28日(日)13:30~15:00(開場13:10)
出演:中村扇雀氏(歌舞伎俳優)、篠山紀信氏(写真家・出展作家)
会場:キャンパスプラザ京都 5階(京都駅より徒歩5分)
料金:1,800円(税込・展覧会入館券付)
定員:250名(中学生以上対象/自由席)

※入場券は4月25日(木)までローソンチケット(Lコード52071)にて販売。
※残券がある場合は、4月27日(土)より美術館のチケット窓口にて販売。
※定員に達し次第販売終了となります。
※当日は開場時間になりましたら、入場券の整理番号順にご入場いただきます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗