1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. アール・ヌーヴォーの装飾磁器

アール・ヌーヴォーの装飾磁器

2017/02/28 ~ 2017/04/09


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】
(1)「釉下彩クロッカス文コーヒーサーヴィス」マイセン 岐阜県現代陶芸美術館蔵
(2)「上絵マーガレット文花瓶」 セーヴル (有)セレスト蔵
(3)「上絵金彩エジプト女性センターピース」(部分) KPMベルリン 岐阜県現代陶芸美術館蔵


アール・ヌーヴォーは、欧米で19世紀末~20世紀初頭にかけて全盛を極めた、工芸や建築、グラフィック・アートなどの多岐にわたる装飾様式で、流れるような曲線によって構成されたデザインを特徴としています。
アール・ヌーヴォー様式の流行は同時代における陶磁器にも顕著に現れることとなり、美しく優雅な作品や、東洋陶磁に倣った作品が次々と誕生していきます。これは、透明釉の下に多色の模様を施す釉下絵をはじめとする新しい技術や技法の開発があって、初めて可能になったものといえます。

この展覧会では、アール・ヌーヴォー様式によるヨーロッパ名窯の装飾磁器の数々を国内において初めて総合的に紹介するものです。
アール・ヌーヴォー最盛期といわれる1889年・1900年に開催されたパリ万国博覧会を軸に、フランスのセーヴルやデンマークのロイヤル・コペンハーゲン、ドイツのマイセンなど、釉下絵を伴ったヨーロッパを代表する名窯の作品を中心に、上絵付や結晶釉などの加飾による作品を交え、幅広く展示します。さらに、日本との結びつきを示す作品やアール・ヌーヴォーに影響を与えたと葛飾北斎『北斎漫画』などの関連資料、デザイン画や書籍など、合計約180点の資料を展示し、アール・ヌーヴォーの多彩な様相をご紹介します。


CHECK POINT

【関連イベント】気軽にお茶会体験 第35回「洋食器のミニ茶会Ⅳ」

本展にちなみ、洋食器で抹茶を楽しむ体験イベント(第4回目)を開催します。
洋食器の、そして抹茶の新しい魅力をきっと発見できるはず!

日時:2017年3月10日(金)【1】13:00~【2】15:00~
      3月11日(土)【1】11:00~【2】13:00~
※各回約60分
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)
定員:各席15名(要申込)
料金:一般:お一人様 3,300円
   細見美術館友の会の方:フレンドシップメンバー 2,600円/サポートメンバー 2,200円/フェローシップメンバー 無料

内容:お茶の前の小さなお楽しみ、生菓子と薄茶、小さなお土産
※参加者の方は、当日に限り、展覧会を無料で観覧可能です。
※参加者の方は本展覧会図録を1割引にてお求めいただけます。

申込方法


参加希望のイベント名、参加希望日時、参加人数、
氏名(ふりがな)、住所、電話番号、友の会会員の方は会員番号を添えて、
お電話・FAX、または細見美術館の受付窓口にてお申し込みください。
※3月3日(金)以降の取消にはキャンセル料が必要となる場合がございます。

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2017年3月12日(日)11:00~
講師:山口敦子氏(岐阜県現代陶芸美術館学芸員)
会場:細見美術館 展示室
料金:無料(事前申込不要/入館料は別途必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗