高見島―京都:日常の果て

2017/06/16 ~ 2017/07/15


【京都精華大学ギャラリーフロール】

京都精華大学ギャラリーフロール

瀬戸内海の塩飽諸島のひとつ、香川県多度津町の沖合に浮かぶ高見島は、急斜面に建ち並ぶ自然石の乱れ積み石垣を備えた古い家並みが特徴的な浦集落と、昔ながらの漁村の風景が広がる浜集落からなる面積2.35㎢の小さな島です。12世紀末に備中児島からの移住者らによって集落が始まったといわれ、その後、蚊取り線香の原料となる除虫菊の栽培で賑わいをみせました。しかし、現在は30人弱の島民が暮らすのみとなっています。
美しくのどかだがもはや小学校も商店もない。住民の高齢化は進み、空き家となった家々は朽ちていく。少し前までそこにあった日常の果てにあるものは何なのでしょう。それは都市に住む私たちとどう繋がるのでしょうか。

京都精華大学有志は2013年の瀬戸内国際芸術祭において、高見島を舞台に「高見島プロジェクト」を実施しました。変わりつつある集落の町並みや、島の歴史・文化に注目した作品を教員や卒業生、学生が中心となって発表。3年に一度の芸術祭会期に留まらず積極的に高見島へ通い、住民の方々と交流を続けてきました。昨年の瀬戸内国際芸術祭では、本学関係者以外のゲスト作家も迎え、空き家や廃校を舞台とする作品、ワークショップを中心に据えたプロジェクトや、海辺でのパフォーマンス上演などを展開しました。

この展覧会は、瀬戸内国際芸術祭2016への参加を踏まえ、高見島プロジェクトのエッセンスを本学にて紹介するものです。毎回100万人を集める芸術祭で、高見島の地域性と実直に関わりながら、創造的な視点や手法で島の魅力と課題を伝えてきた作家たちの仕事を、ホームグラウンドにて展観します。作品やプロジェクトのドキュメント展示を通して、高見島の過去と現在に触れ、我々の未来とも地続きで繋がる「未来」を考えるプラットフォームとなれば幸いです。
 

出展作家

APP ARTS STUDIO、内田晴之+小川文子+田辺桂、後藤靖香、田辺桂、中島伽耶子、MuDA、山本基、若林亮

 

 


CHECK POINT

【関連イベント】APP ARTS STUDIO「水無月のふるまい」

APP ARTS STUDIOが制作した小さなおくどさん(かまど)で季節の和菓子(水無月)を振舞います。

日時:2017年6月18日(日)11:00~15:00
会場:ギャラリーフロール・前庭
料金:無料(事前申込不要)

【関連イベント】今福龍太氏トーク「群島からみた世界 ―ガラパゴスからヤポネシアまで」

『群島−世界論』の著者である文化人類学者・今福龍太氏にお話し頂きます。本学教員で高見島に深く関わってきた内田晴之、吉野央子とクロストークも。

日時:7月14日(金)15:00~17:00
会場:京都精華大学 友愛館Agora

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗