Obsession Conception Possession

2018/09/10 ~ 2018/09/30


【京都精華大学ギャラリーフロール】

京都精華大学ギャラリーフロール

アイディアやコンセプトが作品の中心的役割をはたすという概念が、コンセプチャル・アートとして1960年代に美術のジャンルとして用いられ始めてから半世紀以上が経過しました。
アメリカ、ヨーロッパで発生したこの流れも現代の視点で標榜したとき、時代や国、文化的な背景も含めさらに多様化しています。

この展覧会では20年以上のキャリアを持ち、それぞれ異なる視点でアイディアという言葉だけではとどめることの出来ない思考と探求の痕跡を作品化している、桑島秀樹、笹口数、佐藤実、古屋俊彦、そして若林雅人という5作家の作品、インスタレーションを一同に展示する事により、現在の日本に於けるコンセプチャル・アートの堅固な表現の一端に触れる機会をつくります。そして作品を通じて、美術のフィールドから物理、哲学、言語学、など様々な世界へ通じる、新たな視点を提示することになるでしょう。
 

出展作家

桑島秀樹/笹口 数/佐藤実/古屋俊彦/若林雅人

 


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗