1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. 京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展「移動する物質——ニューギニア民族資料」

京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展「移動する物質——ニューギニア民族資料」

2017/06/10 ~ 2017/07/02


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

京都市立芸術大学芸術資料館では、学生の卒業作品や美術工芸に関する参考品など、京都市立芸術大学の教育活動を背景とした資料を収集しています。

その中の特殊なコレクションの一つとして、昭和44年(1969年)に美術調査隊によって収集されたニューギニア民族資料があります。ニューギニア島北東部のセピック川流域の神像や仮面、土器を中心としたものです。文化そのものを収集することはできませんが、その中にある物質をコレクションに加えることは可能です。世界各地の美術館・博物館の収蔵品の多くは、さまざまな場所からの移動を経て保管されているものなのです。

この展覧会は、収蔵品の「物質」としての「移動」に着目する新たな展覧会シリーズの第1回となります。このシリーズでは収蔵品の物質的側面に焦点を当てた展示を行うとともに、移動によって切り離されてしまった、かつてそれらがあった場所に満ちていた非物質的なものを、展示された物質と再び融合させることを試みます。今回は、研究者たちの協力を得て、音や映像などの非物質的であるが移動可能な資料を用いたレクチャーシリーズを会期中に行い、展示室内の収蔵品の本来の文脈を探ります。

2023年には、京都市立芸術大学は京都駅東側エリアへの移転を予定しています。
ニューギニアの地から離れて「資料」という名の物質として保管された収蔵品は、ひとたび東山区今熊野にあった旧校舎に収蔵された後に、現在の西京区大枝沓掛町へと移動してきました。そして近い将来には、大学にあるさまざまな物質とともに再び移動することになります。この展覧会は、こういったさまざまな「移動」が物質に何をもたらすのかを知るための実験でもあるのです。


CHECK POINT

【関連イベント】レクチャーシリーズ

会場:京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA
料金:無料(事前申込不要)

【1】ギャラリートーク


日時:2017年6月10日(土)14:00~16:00
講師:行木 敬(文化人類学者/神戸山手大学現代社会学部准教授)

【2】講演会「切断と接続」


日時:2017年6月11日(日)14:00–16:00
講師:藤 浩志(美術家/秋田公立美術大学教授)
聞き手:佐藤知久(文化人類学者/京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)

【3】講演会「移動する音と映像」


日時:2017年7月2日(日)14:00–17:00
講師:山田陽一(民族音楽学者/京都市立芸術大学音楽学部教授)
   川瀬 慈(映像人類学者/国立民族学博物館准教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗