1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 古田織部美術館
  5. 光悦と織部 Ⅱ・「光悦七種(異説)」赤筒茶碗 銘「有明」初公開

光悦と織部 Ⅱ・「光悦七種(異説)」赤筒茶碗 銘「有明」初公開

2017/09/23 ~ 2018/01/14


【古田織部美術館】

古田織部美術館

琳派の創始者といわれる本阿弥光悦は、陶芸・書・蒔絵など芸術全般にその才能を遺憾なく発揮しま した。一方で、茶の湯においても活躍し、数々の光悦好みの茶道具を残しています。それらには、茶の湯の師である古田織部からの影響が色濃く表れています。

今回は、芸術家としての織部の継承者・光悦に注目し、新発見の本阿弥光悦作の「光悦七種(異説)」「光悦十作」「千家中興名物」赤筒茶碗 銘「有明」(平瀬家伝来)を初公開いたします。
「有明」は約300年前の文献に名前が記載されているものの、長らく行方不明となっていた“幻の茶碗”です。まだ光悦が陶芸を始めて間もない、50代後半から60代ごろの作とみられ、後の円熟期へのつながりを感じさせる造形美をたたえています。

そのほか、孫の光甫に よる「空中信楽」や、光悦に楽茶碗の製作技法を伝授した樂家2代常慶とその子3代道入(ノンコウ)の作品など50点展示いたします。この機会にぜひご鑑賞下さい。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗