1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. ハリス理化学館 同志社ギャラリー
  5. 同志社社史資料センター新収蔵品展 新島公義宛書簡等資料の紹介

同志社社史資料センター新収蔵品展 新島公義宛書簡等資料の紹介

2016/12/06 ~ 2016/12/27


【ハリス理化学館 同志社ギャラリー】

ハリス理化学館 同志社ギャラリー

同志社社史資料センターでは、2015年度に新島襄の実弟・双六(そうろく)の養子である新島公義(にいじま・きみよし/1861-1924)の関係資料を購入しました。

この資料群は全852点(うち730点は葉書)あり、明治21年(1888)から明治36年(1903)の時期のもので、ほとんどが公義宛の書簡となっています。書簡の差出人には公義の実家である植栗家や、実業家・政治家で同志社の社員(理事)も務めた中村栄助やジャーナリストとして活動した徳富蘇峰といった新島襄の教え子たちなど、同志社関係者が多く含まれています。
資料のうち年賀状が326点とかなりの部分を占めますが、このほかには公義の新潟・長野での伝道活動、同志社とアメリカン・ボード(アメリカのキリスト教伝道組織)との対立、公義の実業界転身に関する資料もあります。

新島公義は明治23年(1890)に襄が亡くなった後、次第に同志社との関係は希薄になっていきます。そのため、彼の生涯については口承によって説明されることが多く、まだ資料的な裏づけが十分になされていません。この点において今回購入された資料群は、襄没後の公義の動向や人物交流を知る上で、大変興味深いものといえます。

今回の展覧会は、資料群の中から12点を選び、ご紹介します。この機会にぜひご高覧ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗