1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美

華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美

2018/10/02 ~ 2018/11/25


【京都文化博物館】

京都文化博物館

2018年は明治改元から150年にあたります。
これを記念して開催されるこの展覧会では、明治期の華やかな皇室文化にスポットを当て、新しい時代へと踏み出した明治天皇・皇后をはじめとする人々の動きと明治期の皇室が伝えた美と技の世界をご紹介します。

展示は明治宮廷前史として激動の幕末から政治の舞台となった京都における、天皇と皇室の波乱に満ちた時代から始まります。1869(明治2年)、明治天皇が東京へと居を移し、天皇を中心とした近代国家の建設が進められますが、欧米と並ぶ文明国家を目指した明治政府は、欧米諸国との融和を図るため、西洋文化を取り入れ美を凝らした鹿鳴館や明治宮殿で外国使節をもてなすなどの欧化政策をとり、日本の国際的地位を高めようとしました。その一方で、江戸時代から続く日本独自の優れた美術・工芸を世界に発信するため、帝室技芸員制度を作り、作家や作品の保護・育成にも務め、大きな役割を果たしました。

この展覧会では華やかな明治期の宮廷を彩った調度品や染織品のほか、皇室の人々が実際に用いたゆかりの品やその姿を描いた肖像画や写真、そして帝室技芸員の作家・職人の手による貴重な絵画や工芸品を一堂に展示します。明治期の日本の美と技の粋、明治宮廷文化の世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】連続講演会

会場:京都文化博物館3階フィルムシアター
定員:160名(要申込)
料金:無料(展覧会入場券[半券可]は別途必要です)
申し込みはこちら(参加者1名ごとにお申し込みください)

岩倉具視と幕末の朝廷


日時:2018年10月13日(土)10:30~12:00
講師:松中博(京都市歴史資料館研究員)

明治期京都の七宝―産業と美術工芸の狭間


日時:2018年10月27日(土)10:30~12:00
講師:畑智子(京都文化博物館)

帝室技芸員―その成立と役割


日時:2018年11月17日(土)10:30~12:00
講師:塩谷純(東京文化財研究所文化財情報資料部)

【関連イベント】学芸員によるギャラリー・トーク

日時:2018年10月19日(金)、11月2日(金)各日18:00~(約30分)
料金:無料(展覧会入場券は別途必要です)
※事前申込不要。当日入場者のみ参加可能

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗