1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 生誕150年記念 漱石と京都-花咲く大山崎山荘

生誕150年記念 漱石と京都-花咲く大山崎山荘

2017/03/18 ~ 2017/05/28


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

2017年は文豪 夏目漱石(1867−1916)の生誕150年にあたります。
実は漱石と京都、そして大山崎山荘には深い縁があります。

漱石は、生涯で4度京都を訪れており、その経験をもとに『虞美人草』(1907年)を著すなど、京都は漱石にとってさまざまな思い入れのある地でした。1915年の4回目となる京都滞在中、漱石は関西の実業家・加賀正太郎(1888−1954)の熱心な招待に応え、桜咲く大山崎に建設中であった加賀の山荘を訪ねました。当時まだ若さあふれる20代であった加賀は、大胆にも文豪の漱石に山荘の命名を依頼し、漱石はこれを快く引き受けます。
後日漱石が加賀へとしたためた書簡には、山荘の工事の進捗を気遣う内容や、漱石が創案した14に上る山荘名の案が記されています。この翌年、漱石は没し、翌々年の1917年に大山崎山荘は竣工したのでした(第一期工事)

漱石が加賀に宛てた書簡は、『漱石全集』(1957年、岩波書店)に所収されているものの、長らくその所在が明らかではありませんでした。このたびその書簡が確認され、漱石生誕150年、そして大山崎山荘の第一期工事から100年を迎えたこの記念すべき年に、アサヒビール大山崎山荘美術館で所蔵することとなりました。

これを記念して開催する今回の展覧会では、漱石から加賀への書簡を初めて一般に公開するほか、漱石の日記、そして漱石とともに大山崎を訪れた画家・津田青楓らの作品をあわせて紹介し、夏目漱石最後の京都滞在に迫ります。また、加賀正太郎が情熱を注ぎ大山崎山荘で栽培した蘭を後年図譜にまとめた『蘭花譜』も展示し、大山崎山荘にまつわるさまざまな歴史を紐解きます。

※会期中展示替がございます

【作品画像】
(1)夏目漱石 1912年 日本近代文学館提供
(2)夏目漱石 「書簡 加賀正太郎宛 1915年4月18日」(部分)1915年 紙、アサヒビール大山崎山荘美術館蔵(吉田由明・卓生氏寄贈)
(3)加賀正太郎監修『蘭花譜』より「no.12 ブラッソカトレヤ・マダム チャールズ マロン‘オオヤマザキ’」1946年 木版画、48.5×33cm、アサヒビール大山崎山荘美術館蔵


CHECK POINT

【関連イベント】先生5度目の京都訪問が実現!! ―漱石アンドロイドが大山崎山荘へ―

漱石先生が5度目の京都に!?
昨年、二松学舎大学(東京都千代田区)が製作し話題となった、夏目漱石そっくりの「漱石アンドロイド」がアサヒビール大山崎山荘美術館に来館します。
1915年4月15日の初来訪から102年ぶりに実現する、漱石の大山崎山荘“再訪”をぜひご覧ください。

日時:2017年4月14日(金)~16日(日)3日間

協力:二松学舎大学
※詳細については美術館ホームページをご覧ください

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館の学芸員が、展示の見どころを解説します。

日時:会期中の第2・第4土曜日(5月27日を除く)14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(美術館入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】アサヒ ラボ・ガーデン提携企画
レクチャー「漱石の書簡から紐解く山荘の物語」

展覧会をより深く理解できるレクチャーイベントです。

日時:2017年4月1日(土)14:00~15:00
会場:アサヒ ラボ・ガーデン
※JR「大阪」駅・各線「梅田」駅最寄
※アサヒビール大山崎山荘美術館での開催ではございませんので、ご注意ください。

講師:アサヒビール大山崎山荘美術館 学芸員
参加費:無料
定員:40名 (要申込/抽選)
※こちらの申込みは、アサヒ ラボ・ガーデンにお問い合わせください。
イベント詳細ページ

【関連イベント】カフェ企画

リーガロイヤルホテル京都が考案した特製オリジナルケーキを提供します。
今回はケーキとあわせ、漱石が愛飲した「平野水」を受け継ぐ「三ツ矢サイダー」を特別提供します。

期間:展覧会会期中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 2階喫茶室
料金:ケーキ単品:550円/ケーキ・ドリンク(珈琲・紅茶)セット:950円/三ツ矢サイダー単品:250円
※税込価格
※美術館入館料は別途必要です

【桜と苺のケーキ】
今回は漱石が桜咲く大山崎を訪れたことにちなんだ、春爛漫の大山崎山荘を思わせる華やかなケーキ。桜の花とドライ苺を入れて焼き上げており、桜リキュールがほんのり香ります。

【アクア・ヴィテ―命の水】
加賀正太郎は、日本のウィスキーの父・竹鶴政孝とリタ夫妻を篤く支援しました。2人の物語に敬意を表し、竹鶴ピュアモルトを贅沢に使用したサヴァラン風ケーキ&ゼリーに、ビスキュイチョコを添えた大人のデザートです。

協力:リーガロイヤルホテル京都

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗