1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. Gallery PARC
  5. 呼びかけられる:平野泰子 展

呼びかけられる:平野泰子 展

2018/07/27 ~ 2018/08/12


【Gallery PARC】

Gallery PARC

平野泰子《 Twilight 1807 》 2018年

2014年から毎年開催際されている、「Gallery PARC Art Competition」。様々なクリエイション活動へのサポートの一環として、広く展覧会企画を公募し、審査により選出されたプランを連続で実施するコンペティション企画です。
今回は2018年度に選出された企画より、平野泰子の展覧会を開催いたします。

***

手と絵の具が一体となり、描いているときに、何かに呼びかけられる。
その「呼びかけ」に対し、遠くのことや、誰かに想いを馳せる「まなざし」を絵画に落とし込む。
自分の中で「主体ー客体」が入れ替わる。
「絵の具」や「図」や「まなざし」を対等に提示することで言語や思考からではない、「呼びかけ」に反応し、絵画空間で新たな視座を問う。

目の前に広がる風景を描こうとした時、「描こう」とすることでどんどん現実から離れてゆく。
その描けないと言う出来事に喜びを感じ、不可能性を自覚することで、広がる感覚を得た。
私の絵を作り上げてゆくものは、だれか、何か。
私が出会った現実が私の中で現象となり私の手にある「外的なものである絵の具」が体と密接になり、新たな絵として立ち上げる。
それは時間や次元を飛び越えて、想いを馳せる行為となり、関わり合いを与えてくれる。
像を写すのではなく、関わりを表象化することが私にとって「描く」ことである。
それらを形にすることに尊さを感じて制作している。(平野)
 

平野泰子

1985 富山県に生まれる
2007 京都精華大学 芸術学部造形学科洋画専攻 卒業
 
【個展】
2009 Twilight(masayoshi suzuki gallery)
2013 Twilight(masayoshi suzuki gallery/愛知)
2013 隠れた形-影になる(a-room/京都)


【グループ展】
2009 ARTIST FILE 01(masayoshi suzuki gallery)
2010 ARTIST FILE 02(masayoshi suzuki gallery)
2011 贈り物(masayoshi suzuki gallery)
2011 ARTIST FILE 03(masayoshi suzuki gallery)
2012 ARTIST FILE 04(masayoshi suzuki gallery)
2013 ARTIST FILE 05(masayoshi suzuki gallery)
2014 WHEN THE CONTRASTS FADE AWAY」PINEBROOKLYN/大阪)
2015 VOCA展 2015 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち(上野の森美術館/東京)
2016 下町芸術祭 ウィズ・ペインター(神戸市立地域人材支援センター/兵庫)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗