1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. COHJU contemporary art
  5. 宮田彩加個展「この視点」

宮田彩加個展「この視点」

2018/07/07 ~ 2018/08/04


【COHJU contemporary art】

COHJU contemporary art

宮田彩加「サーモングラフィ」 ミシン糸/ 約171×50 cm/ 2018

作家・宮田彩加のCOHJU初個展です。

宮田は大学時代に染色を専攻したことをきっかけに、布に奥行きや立体感を出すため刺繍を始めました。大学に進学した際に刺繍のさらなる可能性を探求し、作品制作にコンピューターミシンを取り入れ、プログラミングされた刺繍データに意図的なバグを起こし、作品上に部分的な空白を起こす独自の技法を生み出しました。
完成されたデータ上の形をあえて崩すことにより生まれる糸の歪みは、生物の形態や物事の発生、進化の在り方を想起させます。 2017年には、広島市現代美術館にて行われた特別展に参加。近年は国内問わず海外からも高い評価を受け、今注目される若手アーティストの1人です。

展覧会タイトルでもある「この視点」とは「“個”の視点」でもあり、「“孤”の視点」でもあると宮田は言います。1人の人間がもつ様々な顔や要素。私たちはそれを無条件に見出すのではなく、無意識に他者との差異を認識した上で自己を構築していきます。宮田は、超越した別の主体である“他者”と“自己”との繋がりを一針一針の集積により可視化することを試みます。

今回の展覧会では2018年に制作した新作を含め、針目と針目をとばすことにより時間の流れを形にした「WARP」シリーズや、支持体の布を用いずに糸の結び目のみで構成された「Knots」シリーズなど、新旧織り交ぜた多様なシリーズを発表します。この機会にぜひご高覧下さい。
 

宮田 彩加

1985 京都府生まれ
2012 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士課程 染織領域修了


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗