1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 虹の会さんの記事一覧
  4. ターナー展(京都文化博物館)

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

ターナー展(京都文化博物館)

投稿:2018年2月21日

ターナー展の初日、福島県郡山市立美術館の富岡進一さんによる講演でターナーの魅力についてお聴きしました。

理髪店を営む父を持つロンドン生まれのターナーは、9歳で「ジョン教会」、12歳で「川から見たイートン校」で素晴らしい作品を残し、76歳で亡くなるまでに3万点もの作品を残しました。
特に興味深かったお話は、渡欧しロンドンから帰京して名前を変えたという京都画壇の画家・竹内栖鳳と、ロンドンからイタリアへ旅行したターナーの旅程が似ていたというところ。栖鳳はターナーの銅版画集を所蔵していたのではともいわれているそうです。

ターナーの生家は現在パブになっていることや、2020年に発行予定の20ポンド紙幣にイケメンなターナーの自画像が使われるというお話も聞くことができました。

3月25日には写生会ワークショップも有りますし、日本初出品の作品も多いので、ぜひ足を運んで欲しいと思います。

文責:のり憲



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗